teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


塩害

 投稿者:管理人3  投稿日:2018年10月15日(月)00時09分51秒
返信・引用 編集済
  先日の台風の後、近くのガソリンスタンドでは洗車機に並ぶ車の列が見られた。
また、イチョウの街路樹の片側が変色しているのが見られ、一時、安食付近の
信号機が停電で点灯しなくなった。どうも台風の風で運ばれた海水の塩分が
原因の塩害の模様。東京湾から30kmと距離が離れているのだが..。

 写真は今日の北印旛沼付近でのチュウヒ。
 
 
 

猛禽@北印旛

 投稿者:管理人3  投稿日:2018年10月 9日(火)21時21分30秒
返信・引用 編集済
  この日見られた猛禽はミサゴ、オオタカ、ノスリ、チュウヒ。その他にトビ、チョウゲン
ボウ。コチョウゲン、ハヤブサ、ハイタカ等はまだ今季未見。

 

エゾビタキー2

 投稿者:管理人3  投稿日:2018年10月 7日(日)23時27分55秒
返信・引用
  先日は曇天空抜けでのエゾビタキだったが、今日は晴天でのエゾビタキ。
 
 

カワセミ@北印旛沼

 投稿者:管理人3  投稿日:2018年10月 6日(土)23時57分37秒
返信・引用
  久しぶりのカワセミ、吉高機場の舟戸橋から。この日舟戸橋下にヨシゴイも
見られた。
 
 

ハマシギ幼鳥

 投稿者:管理人3  投稿日:2018年10月 5日(金)22時21分26秒
返信・引用
  九十九里の砂浜で見られたハマシギ幼鳥、ミユビシギの小群れの中に見られた。
 
 

モモイロペリカンの名前は?

 投稿者:管理人3  投稿日:2018年10月 5日(金)12時57分10秒
返信・引用 編集済
  24号台風直前のモモイロペリカンを見てきた。このペリカン、屋根なしの
屋外にいつもいるわけであるが、今まで台風、雹、大水、3.11の地震等
に耐え頑張っている。このペリカンに会いに来る人も多い。ネットを見てや
ってくる人は「カンタ君はどこにいますか」と訪ねる。
このペリカン、実は名前は「カン」、「カンちゃん」と地元の人に呼ばれて
いた。それがネット上では「カンタ君」で広がった。常盤公園の「カッタ君」
からきているらしい。今、世話をしている漁師の人はなんと呼んでいるか。
昨年の日本テレビ『天才!志村どうぶつ園』では嵐の大野君が盛んに「ガー」、
「ガー」と連呼していたので「ガー」なのかもしれない。
しかし、この放送後にペリカンを見に来る人で「ガーはどこにいますか」と
聞く人に会ったことがない。あの”嵐”の力及ばず。
 
 

ノビタキ

 投稿者:管理人3  投稿日:2018年10月 5日(金)11時05分5秒
返信・引用 編集済
  今季は9月中旬と早い時期に見られたノビタキ、その後はなかなか会えなかった
が昨日ようやく4~5羽を見ることができた。
 
 

ケリ

 投稿者:管理人3  投稿日:2018年10月 5日(金)11時01分30秒
返信・引用 編集済
  今季は少し離れたところで多く見られているというケリ、数は少ないものの
例年見られている田んぼ付近でも見られる。
 
 

ミユビシギ

 投稿者:管理人3  投稿日:2018年10月 5日(金)00時53分3秒
返信・引用 編集済
  冬羽、夏羽から冬羽への換羽中、幼鳥と色々のバリエーションが見られた
ミユビシギ。この日は100+以上の群れが見られた。
 
 

エゾビタキ

 投稿者:管理人3  投稿日:2018年10月 5日(金)00時46分22秒
返信・引用
  超曇天空抜けでのエゾビタキ、個人的には今季初認。4~5羽見られた。
 
 

オオハシシギ

 投稿者:管理人3  投稿日:2018年10月 4日(木)23時54分31秒
返信・引用 編集済
  今期、機会はあったものの見逃していたオオハシシギ、ここの来てようやく
見ることができた。この日は1羽のみ。例年はもっと見られるのだが.。
 
 

アカアシシギ

 投稿者:管理人3  投稿日:2018年10月 4日(木)07時33分31秒
返信・引用
  隣県のシギチのポイントでようやくアカアシシギを見ることができた。昨シー
ズンと同じ場所で非常に見難い。日によっては少し離れた開けた蓮田に来る様
だが...。この日は2羽見られた。
 
 

チュウヒ

 投稿者:管理人3  投稿日:2018年10月 3日(水)01時09分44秒
返信・引用
  畔に黒っぽい大型の鳥が下りて何かを食べていた。少し近寄ってみるとチュウヒ
の様、大陸型チュウヒか。何を食べていたのかは残念ながらわからなかった。
 
 

チュウサギ

 投稿者:管理人3  投稿日:2018年10月 1日(月)22時14分25秒
返信・引用
  今の時季、北印旛沼付近で見られるサギの多くはこのサギ。
 
 

キンクロハジロ

 投稿者:管理人3  投稿日:2018年 9月30日(日)22時42分33秒
返信・引用 編集済
  今日の北印旛沼、カモを探すとほとんどがカルガモ。その中にキンクロハジロが
4羽(写真は3羽)入っていた。
 
 

ツルシギ

 投稿者:管理人3  投稿日:2018年 9月28日(金)23時56分2秒
返信・引用
  このところ数は多くないがあちこちで見られる様になってきたツルシギ、もう少し
良いコンディションで撮影したいもの。
 
 

中秋の名月

 投稿者:管理人3  投稿日:2018年 9月26日(水)23時12分42秒
返信・引用
  中秋の名月は9月24日で、満月の日である9月25日の前日。この日は何とか
雲が切れ、月が見えた。
 
 

手負いウミネコ

 投稿者:管理人3  投稿日:2018年 9月26日(水)08時19分42秒
返信・引用 編集済
  宮城県名取市閖上漁港の手負いウミネコ(葦の様なものがささった)を放映
していた。しばらく前に銚子での手負いウミネコを放映していたので同じ個
体が移動したのかと思って見比べてみると少し違う。違う個体だろうか。
違う個体であれば人為的な疑いも出てくる。
それにしてもテレビ局は過去の事例を調べるということはしないのだろうか。
「以前、銚子港でも同様の事例があった」等コメントを入れてほしいもの。
ググればすぐに出てくる。

 写真1:名取閖上のウミネコ(FNNPRIMEから)(9/23)
 写真2:銚子港での手負いウミネコ(9/6)再掲
 
 

スクミリンゴガイの卵

 投稿者:管理人3  投稿日:2018年 9月24日(月)11時04分21秒
返信・引用
  スクミリンゴガイ、別名ジャンボタニシの卵。スクミリンゴガイは食用に輸入され
たが採算が合わないため廃棄され、それが繁殖。北印旛沼付近では見かけないが茨
城南部の蓮田に行くと見られる。卵はピンクで非常に目立つ。この卵は水中では孵
化できないため、卵塊を見つけ次第水中へ掻き落とすのは駆除には有効。
 
 

オグロシギ@千葉

 投稿者:管理人3  投稿日:2018年 9月24日(月)10時38分16秒
返信・引用
  茨城でオグロシギが見られた日、千葉側でもオグロシギが見られた。こちらは
2羽、こちらもエサ取りに励んでいた。
 
 

レンタル掲示板
/72