teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ひとりで

 投稿者:しば  投稿日:2018年 8月19日(日)13時41分19秒
返信・引用
  昨日のあれこれを振り返り、噛みしめている。

歳のせいなのか、記憶があまり定着しないことが最近多くなってきて、
愉しいことは特に、あっという間に記憶の彼方へと遠ざかっていく。
そのくせ、イヤな想いをしたあれこれは、その『想い』だけがずっと残ってしまう。
これらが逆に作用してくれたら、どんなに嬉しいか……。


でも、行った事実、観た事実は、変わらない。
ひとりでアニメを観に行けた。
同じ映画を二回も観に行った。

自分の想いを行動にうつせた。
その事実は、たとえ記憶が薄れてもそのまま残る。
……チケットの半券という物的証拠とともに。

うん……これでいい。

日頃の『思い立ったが吉日』の中身の大半は、買い物がほとんど。
でもそれは、家庭を切り盛りしている人間であるならば、当然の行いであり、
どのタイミングであれ、結果、行くことになる。

だけど、100%自分の想いで行動するときは、いろいろあったから躊躇してしまうけど、
そもそも自分の都合や想いを犠牲にして子ども会に関わっているのだから、
そこで感じる不条理さを浄化させるためにも、
一瞬、躊躇してしまうようなちょっと贅沢な欲求を満たすことをしても、


バチは当たらんだろうよ!!!(笑)



べつにさ、浮気や不倫をするわけじゃないんだもの。
自分を自分として保持させていくためのバランスをとるために、
行きたいところに行く、観たいものを観る!!!

人生一回こっきりだ!!
誰も恨まないように死んでいきたいから、好きなことを、する!!

(´-`).。oO(代わりに誰かに恨まれても、それはそれでいい……)
 
 

思い立ったが吉日

 投稿者:しば  投稿日:2018年 8月18日(土)21時04分27秒
返信・引用
  ……なのだ。

お嬢を産んでから、いろんなことを諦めた。

でも、思い立ったが吉日まで諦めちゃダメなんだと思った。

もちろん、その時の状況等々で、思い立っても動けないときは動かないけど、
誰がどう見ても「動けるんじゃね?」ってときまでジッとしている必要はない、と思った。

もちろん、時間やお金の有る無しにもよるけれど。

それらが許されるのであれば、「動いていい」。

そう、判断して、一昨々日(15日)観たばかりだけど、また観に行ってきた。

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ー2人の英雄ー』

今回はイオンシネマだと始まるのも終わるのも遅くなるということで、
tohoシネマのほうをチョイス。

そしたらなんと!!!

手に入らないと思っていた入場者特典グッズ(小冊子)がもらえたの!!

ひとり静かに喜んだのは言うまでもない。
だってイオンに行ったときは、もらえなかったから。

しかも先着100万人ということもあってか、
絶対、封切り直後じゃないと入手できないって思い込んでたんだよね。

でも、昨日だか一昨日、ツイッターで公式さんが、公開されてから90万人がもう観た!
的な情報をリツイートしてくれて、そのときに「おや?」って思ったのよ。

先着100万人……。
90万人のお客さんが、もう観た。

残り10万人ぶんの小冊子が、まだどこかにある。
でも、ここら辺はもう、配布し終わってるのかも……。
と、思って諦めたんだよね。

ところがどっこい!!


……思い切って行く決断をしてよかった!!!

席が前半分空いているのを確認してから行ったんだけど、
前から2列目の、ど真ん中を映画館で選び、時間がくるまでマルイでプラプラ。

ひとりでのんびりウィンドウショッピングをしたり、生ライブを聴いたり、
一昨々日とは違った時間の過ごし方をして、『わたしの夏休み』を満喫した。


昔は横浜方面へ行くことが多かったけど、海老名のほうが15分で行けるし、電車賃も安いから、
よっぽどのことがなければ、これからは、海老名のでウィンドウショッピングを愉しもうかなぁ。
(駅の構内も、横浜ほど複雑じゃないから迷子にならずにすむし)


やっぱ、デパートって愉しいね!
目の保養だらけ(笑)

そうそう、目の保養といえば。
わたしが座った横一列、わたし以外、ぜ~~んぶ、青少年!!(笑)

右手のほうには、小学生(5~6年)2人と中学生3人ほど。
左手のほうには、高校生が5~6人。

終わって席を立ってからは、やっぱり女の子同士だったり家族連れがいた。

てか、ど真ん中にさ、自分のお母さんと同じか、あるいはそれ以上のおばさんが座っててさ、
しかもひとりで観に来てる状況を、彼らの目にはどう映ってたんだろうねー。

つーか、そういう目のなかに映りたくなくて、子どもが一緒じゃないと入れないような映画は避けてた。
けど、2回行ってわかったけど、周囲は周囲を気にしていない!!(笑)

気にするとしたら、上映中のお喋りや、ポップコーンを食べるときの音とか、そのていど。
周りの年齢層までいちいち気にしてないというのがわかった。

てか、わたし自身がそういうのを気にするタイプだから、
ついつい勝手に周りもそうなんだと思い込んでたけど、違ってた。

いや、探せばいると思うけど。うん。


ということで、これからは周囲の目を気にせず、観たい映画は観に行こうと思う。
 

人生は

 投稿者:しば  投稿日:2018年 8月18日(土)13時49分6秒
返信・引用
  選択の連続だ。

一日のなかでも、かなりの回数を選択している。


生きようか、死のうか、も、含めて。

今この瞬間にも、わたしは、死を選ぶことができる。
誰もいない。わたししかこの部屋にいない状況である、今、この瞬間、決行することができる。

なのに、パソコンにむかい、これを打っている。
なんなら、
「もう一回、僕アカ、観てきちゃおうかな~」
なんていう呑気なことを、必死に考えている。

生きるも死ぬも、一方ではとても自由で、
けど、置かれた環境、状況下では、それらが、ままならない。

生きたいと願っても、明日には命の灯火が消えてしまうかもしれない人がいる。
死にたいと願っても、生きることを義務付けられてるかもしれない人がいる。


僕たちは、生きることを許してもらわないと生きていけないんだ……

アニメにもなったとある主人公が、ゲームで呟いてたセリフを思い出す。

だとしたら、死ぬことも、誰かに許しを請わねば、死ねないのだろうか。

そんなことはない。
死ぬことも、生きることも、誰かの許しなんていらない。
生きたきゃ生きることをすればいい。
死にたきゃ死ぬことをすればいい。

ただ、それだけのはずなのに、
命が目のまえに晒されると、
人は臆病になり、迷い、悩み、苦しみ、もがく……。


人間って、つくづく面倒くさい生き物なんだな。
 

入り浸り……たい。

 投稿者:しば  投稿日:2018年 8月17日(金)23時18分25秒
返信・引用
  イケメンたちのゲームの世界に。

でも、課金しないで遊ぼうと決めてるから、毎日ちゃんと待っている。
毎朝5時に配布されるストーリーチケットを……。

適度にボイスが流れるから、ただただ画面を出しているだけでも癒される。
けど、ふとした瞬間、現実世界に嫌気がさす。
そうなると、ゲームの世界へ逃げたくなる。

たぶん、ゲームばかりして引きこもっている人たちは、こんな感じなんだろうな。

俗世間に身をおくよりも、ゲームのなかに身をおいたほうが、生きてる実感がする。
俗世間よりも、ゲームの世界のほうが、自分を必要としてくれている。
みんな優しくて、愉しくて、多少何かあっても、すぐ解決する。
居心地がとてもいい。だから、ずっといたい。ここでなら、生きていける。自分らしく……。




今、ふわふわしたものだけど、アイデアの欠片があちこちで生まれてる。
点在する欠片たちは、いずれ一つの線になると思うと、ちょっとワクワクする。

欠片でしかなかったアイデアたちは、少しずつ少しずつ成長をし、
それぞれの欠片が、それぞれの欠片と出会い、結ばれていく。
これをたくさん繰り返すことで、ひとつの物語へと成長を遂げていく。


そうか……。
作品を書くことそのものを、ゲームだと考えればいいのか。

難しく考えることなどなく、自分でゲームを作る感覚で、物語を創造していけばいい。

わたしは人間でしかないけれど、
作品を創造するという意味で、作者は神になれる……。

そうか……。
わたしは、神にもなれるのか……。
 

映画でも

 投稿者:しば  投稿日:2018年 8月17日(金)13時19分59秒
返信・引用
  得られるもの、感じられるもの、たくさんあるし、あった。

ここずっと、ストレス解消も兼ねてたかもしれない購買欲を、
少しシフトチェンジしようと思う。

読みたいから買ったのに読まないままの、本たち。
相変わらず、減ることもなく、ただただ増えるだけ。

買っておけばあとでゆっくり見られる、読めるというメリットはあるものの、
そのまえに死んでしまったら、見れないし読めない。

だから、同じくらいのお金を消費してしまうのであれば、映画館で映画を観たほうがいいと、思った。

そのほうが、生きてる実感を得られる。
たくさんの想い・感情を共有できる。
あるいは、移入することができる。

なによりも、たくさんの人のなかにいつつも、わたしは、ひとりになれる。
自分の世界をつくりつつ、その世界から、違う世界を観ることができる。
誰にも邪魔されない。
電話の呼び出し音や玄関のチャイムの音を気にせず、
その世界観に没頭できる……。
今のわたしの身の丈にあった、極上の現実逃避の方法。
それが、映画館で映画を観ること……。

一昨日、デクたちに逢いに行って、そう感じた。

次は、『銀魂2』か『響-HIBIKI-』を観たいと考えている。

でも銀魂2は、レンタルでもいいと思ってる。

むしろ、『響-HIBIKI-』を大きなスクリーンで観たい。
平手友梨奈ちゃんが演じる主人公が、かなり、ヤバかった。
(僕アカが始まるまえに、予告が流れた)

そのヤバさ含めて、あの世界観にダイブしたいと思う。
 

生き続けるエネルギー

 投稿者:しば  投稿日:2018年 8月17日(金)01時40分30秒
返信・引用
  ……と、死ぬときに要するエネルギー、どっちが大きくて重たいんだろう……と、考える。

天秤にかけたら、どっちに揺れ動くのか……。


死にたいと思う人、思わない人、その多くがおそらく『死ぬときに要するエネルギー』のほうが大きくて、
それを本能的になのか、感覚的になのかわからないけれど、なんとなくわかっている。
だから、死にたいと本気で思うことがあっても、それを実行することはなく、生き続けるほうを選ぶ。

だけど、何かのキッカケで、同じくらいのエネルギーになったり、
生き続けるエネルギーのほうが膨大に膨れ上がってしまうと、
もしかしたら、案外、呆気なく、死を選び、実行してしまうんじゃなかろうか……。


と、思ってみる。


たまに、聞く言葉。

死んでも地獄、生きても地獄、同じ地獄なら……。

その、同じ地獄なら、の、あとに続く言葉は、きっと、人それぞれにあるだろうし、あっていいと思う。


なんかさ、あれなのよ。最近。

自分でお話を考えようとすると、愉しいとか嬉しいとか、そういうポジティブなものじゃなく、
しんどいとか、つらいとか、死にたいとか、そういうネガティブなものしか浮かばない。

シャワー浴びているときに、あるシーンが浮かんだのだけど、
それが、線路の上にある陸橋(鉄橋)から、今にも飛び降りそうな雰囲気の女性で、
彼女がなにを考えているのかわたしにはわからないけれど、彼女はずっと下をむいたままなんだよね。

で、眼下に走る電車を見つめていると、背後から男性に声をかけられるの。
振り返った彼女の頬は涙で濡れ、その視線のさきには、見覚えのある男性が立っていた。

そこで脳内映像はストップした。

彼女はなんで、そこに立っていたのか。なんで、泣いていたのか。
男性に声をかけられなかったら、彼女はこのあと、どうしていたのか。

ありきたりな出会いのシーンではあるけれど、そのあとに続くであろう展開は、
なにをテーマにもってくるか、とか、物語の方向によっていろいろ考えられる。


ちなみに、地元の駅が開発されるまえまで、そばに陸橋があった。
学生時代、OL時代、わたしはよくそこへ行って、イメージのなかの彼女と同じように走る電車を見つめてた。

死ぬ気はまったくなくて、ただただ、ボーッとしたくて行ってた記憶がある。
不規則ななかにも、規則的に走っている電車を見てると、無心になれたんだよね。
それと同じ効果をもたらしてくれたのが、初代実家の自室、あるいはベランダから見えた飛行中の米軍機。
あるいは、止まることを知らない川が流れるさま。

昔はそういう、ある種、単調に動くものを見ることで、頭を空っぽにしてた。
けど、今の環境では、そういうことができる場所が、ない。
あったとしても、転落防止だなんだで、高い塀とかができてて見ることすらできない。


たぶんね、きっと、対象物はなんでもいいんだと思う。

ルナとチャチャがいたころは、二人が寝ている姿を見つめることで無心さを保持してた。
二人の呼吸に合わせて動くお腹を、ただただ、ずーっと見てた。


なんか……今はそういう時間すら確保できない。
だから、息苦しくなる。

生きているのに、息苦しいのは、しんどいよ。
だから、ラクになりたくて、死にたくなる。


いつまで生きてなきゃいけないんだろう、わたし。
もうそろそろ、いいと思うのよね。

早く、お迎えこないかな。
 

あつい

 投稿者:しば  投稿日:2018年 8月16日(木)12時04分19秒
返信・引用
  昨夜から涼しい風が吹いていて、
今朝も涼しい風がはいってきて、
今も風が入ってきているのだけれど、
そもそもの気温が高いから、風がやむと、暑い。

でも、無風よりいい。

ちなみに、クーラーをいれるほどではないから、扇風機をまわしてる。



さておき、夏休みが2週間をきった。

3年生になり、教科が増えたことで宿題も少し増えた。
(ドリルの内容が国・算→国・算・社・理に)

くわえて、音読(自由)。
読書感想文(課題図書or自由図書/原稿用紙3枚以内)
自学ノート(いつもの宿題)十日ぶん。
自由研究(とりあえず、なんでもよさげ)。
あと、いろいろ。

わたしのほうも、そろそろ〆切が控えているから、そっちをやりたいところだけど、
お嬢の宿題も見なきゃいけないから(この制度は是非とも撤廃させてほしい!)、
去年以上に心が忙しない……。

来週には、3つ下の従妹宅へお母さんとお嬢とでお泊りに行くから、
それまでに終わらせておかなきゃいけないし、
今週末もじじばば宅へお泊まりに行くっていうから、残りの宿題を持たせるけれども……。


とりあえず、デクたちのがんばりを昨日観ることができたから、
わたしはわたしで、がんばらなきゃ。
 

行ってきたのだ!

 投稿者:しば  投稿日:2018年 8月16日(木)00時14分59秒
返信・引用
  今日しかチャンスはもうないのかもしれない……と、思って……

諦めることに、断念することに、慣れてきちゃっているわたしなんだけど、

でもきっとたぶん、「觀に行かなかったら、後悔する!」って思ったから……

観に行ってきちゃった……『僕のヒーローアカデミア THE MUVIE ー2人の英雄ー』

tohoシネマのほうは、時間的に無理だったから、イオンシネマのほうで。

封切りしたばかりのころは、
お母さんたちの都合や、お父さんのお盆休みの日程とかわからないから、
お嬢のお泊まりは通常通り、週末だけになると思い込んでたんだよね。だから、
微かな期待も含めて「観に行けるかもしれない」という想いを断ち切る代わりに、
一番くじを2回やったり、公式キャラブックを買ったり、ブロマイドを買ったりして満足させたんだけど、

なんでか、観に行けるタイミングがポンっと生まれて……だから、行ってきた!


大人になってから、アニメ(ジブリ&ディズニー)の映画はお母さんとよく観に行っていたんだけど、
考えてみたら、一人でアニメの映画を観に行ったのは、今日が初めてだということに映画館で気がついて、
嬉しい初体験に、ひとりドキドキした(笑)

47歳で、少年たちが観るようなアニメを、ひとりで観に行く。
きっと、今でも子ナシだったら、行こうとすら思わなかった気がする。

(イオンシネマで)パンフレットも買った。
(tohoシネマで)グッズも買った。
(´-`).。oO(値段見ないで買ったものがあって、支払いのときに、ビビったけど)

お嬢へのお土産には、地元でも買えたんだけど、
プリキュアのちょいと高めのガチャアイテムと、インクレディブルのグッズを幾つか……。
インクレディブルのほうは、お嬢が「いらなーい」と言うことを想定して、
わたしも使えそうな物をチョイスしておいた( ^ω^ )



映画の感想はねぇ……いろいろありすぎて、どう言えばいいのか迷うんだけど、

もうね、みんなヒーローだった!!

まだ有精卵なデクたちなんだけど、ちゃんとヒーローしてた。

そして、すっごくすっごく、カッコよかった。

轟くんは、もちろん、カッコイイ。

けど、かっちゃん(爆豪少年)も、カッコよかった!!
それがすごく、自分のなかで、意外だった。

ぽんぽん悪態をつく性質は自分にはない性質だから、
他人を気にせず自分の想いを口に出せるかっちゃんに対して憧れてはいたけれど、
轟くんに対して想っている『カッコイイ』という感情が、
かっちゃんには持ち合わせていなかったんだよね。

でも、映画のなかの、かっちゃんは、きゅんきゅんするぐらい、カッコよかった。

つーか、うん、やっぱ、みんなそれぞれ、カッコよかった。

行動然り、セリフ然り、想い然り……。


物語が進むにつれて胸が熱くなったし……。
目のまえに誰も座っていなかったら、我慢しないで泣いてたかもしれない。
それぐらい、心揺さぶられる場面がてんこ盛りにあったんだ。

アニメと違うのは、当然なんだろうけど……なんだろうなぁ……

ゲスト声優として、志田未来ちゃんと生瀬さん、あと、モブ的な役で千鳥がいたけど、
千鳥は本人役だから、傍に置いておくとして……

志田未来ちゃんと生瀬さんの演技もね、すごく良かったの。

キャラと声がぴったりしてたというのもあったとは思うんだけど、
俳優さんが声優をすると、時々、声が絵にマッチしてない人がいて、すごく浮いて見えちゃうんだよね。
なんか、その世界にハマりきれてなくて浮いた感覚があるの。

だけど、未来ちゃんと生瀬さんは、ちゃんと、この世界の住人になっていたと思えるほど違和感がなくて、
だから物語に集中して魅入ることができたんだと思う。



ぶっちゃけ、時間とお金さえあれば、でもって近くで上映していたら、毎日通いたいほど!!
1回こっきりじゃ、少ない(笑)
それだけ見せ場と情報量がものすごいんだもん。

もう、あれだ。
DVDになったら、買う!! 決めた!!
 

うっそぉ~~ん!!

 投稿者:しば  投稿日:2018年 8月14日(火)13時54分38秒
返信・引用
  昨夜、松兄ぃの、金さん、やってたのぉ~~~?

先週末、お母さんから週間のテレビ欄をもらえなくて、
でも、そのうちもらえるだろうから、雑誌は買わず、ネットでも確認しなかったら、これだよ~~。

てか、昨日はお母さんの実家(伯母1号宅)で、お盆のお迎え火をするってんで、
行く時間まで、お嬢の宿題を見たりなんだりしてたから、テレビは基本あまり見てなかったのよねぇ。
見てたらきっと、予告CMが目にはいってたと思う。

で、伯母ちゃんちでも、テレビをつけてなかったから、わかるはずもなく……。

事前に知ってたら予約録画してったのに。

松兄ぃとさ、稲森ちゃんコンビっつったらさぁ……
大野くん主演の『怪物くん』では、デモキン・デモリーヌで、恋仲だった二人なのよ~~。
見た目は魔物ではなく、昔の日本人の装いだけど、わたし、このコンビを見るのが大好きなの。

うわぁ……ショック。


観たいものが観られないショックも大きいが、

「観たかったのにぃ~~』というショックも、かなり大きいわぁ。


いつか再放送をしてくれますように!!
 

やっぱ無理かも……

 投稿者:しば  投稿日:2018年 8月14日(火)13時36分30秒
返信・引用
  実は、隙あらばで海老名の映画館へ行こうと思っているんだけど、
3日に封切られたばかりなのに、すでに一日に4回ぐらいしか僕アカの上映をしてなくて。
しかもこれまた、えらい中途半端な時間帯なのよねぇ。

挙句、余裕がある、とか書いてあるのに、半分くらい既に席は埋まってるし。
前日でこれじゃ、当日になったらもう、満席に近いよね。

わたしは基本、クレジットカード類は作らない持たないと決めているんだけど、
ネット予約できるシステムって、
ほとんどの決済がクレジット系か、ドコモとかそういうので引き落とされる奴ばかりで、
コンビニ払いとかが、ないのよねぇ。
コンビニ払いが適用されてれば、
年に一度のアンパンマン以外にも、もう2~3作品ぐらいは、観に行けるのになぁ。


やっぱさ、観たいのよねぇ……僕アカ。
腐りきったこの根性に、喝をいれてもらいたい。


はぁ……。
グッズを買いに行くだけでもいいかもしれないが、
きっとそれだけじゃ気が収まらなくなりそうだし。
(目と鼻の先にスクリーンがあると思うと、ね)


せめて三ツ境、大和あたりに映画館ができたらいいんだけど……。
 

レンタル掲示板
/158