teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


コアジサシ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 7月 1日(土)23時36分2秒
返信・引用
  左側にある卵は誰の卵?
 
 
 

ポータブルカーナビ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 6月30日(金)00時37分6秒
返信・引用 編集済
  我車のナビは9年前のポータブルカーナビで当時サンヨーの”ゴリラ”シリーズ
であったが地図が古くて田んぼの中を走ることが多くなったので新たにユピテル
のカーナビに変えた。
”ゴリラ”シリーズはサンヨーがパナに吸収されてから評判がよくないのでユピ
テルに変えたのだがこれが大誤算。マップコードが使えない、細い道路は選択し
ないで北印旛沼の周回道路へは誘導しなくなってしまった。

写真は先日のカイツブリ雛。親から貰った小魚を飲み込んでいた。

 

カイツブリ雛連れ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 6月24日(土)23時03分1秒
返信・引用
  先日、北印旛沼の土手にて「雛連れカイツブリが見られると聞いたが。。。」と
聞かれたのだがその時はどこかを思いつかなかった。次の日、その話を思い出し
可能性のある場所を覗いてみた。そこには雛3羽連れのカイツブリが見られた。
雛はかなり大きくなっていたがまだまだ親の羽の下に潜り込みたいようで...。
 
 

ツバメ巣

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 6月24日(土)00時59分8秒
返信・引用
  現在見られるツバメ類の巣3態、下記の他、コンビ二なんかに行くと普通の
ツバメ巣が見られる。

 写真1:イワツバメの巣
 写真2:コシアカツバメの巣
 写真3:コシアカツバメの古巣利用のヒメアマツバメの巣
  
 

オオバン

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 6月20日(火)23時23分16秒
返信・引用 編集済
  北印旛沼の長門川よりで見かけたオオバン、少し大きくなった雛を連れていた。
オオバン、バンのヒナはお世辞にも可愛いといえないのが残念。
  
 

カワウ、鯰を食す

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 6月19日(月)23時43分33秒
返信・引用
  先日、印旛沼でカワウが何かと格闘していた。よくよく見るとカワウが格闘し
ていたのは大きな鯰。その内、何とかその鯰を頭から飲み込んだ。
 
 

ヒクイナ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 6月15日(木)23時28分16秒
返信・引用 編集済
  今日農道を走っていると見かけたヒクイナ、短時間だけどその姿を確認できた。
この日は他にも別の田を横切るヒクイナを見かけた。
 
 

越夏チュウヒ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 6月15日(木)23時20分16秒
返信・引用 編集済
  今の時期、北印旛沼付近で見かける猛禽類はミサゴ、トビ、ノスリ、チョウゲン
ボウ、サシバに越夏チュウヒ。
 
 

サンカノゴイ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 6月 2日(金)23時50分30秒
返信・引用 編集済
  今まで声のみの確認だったサンカノゴイ、このところようやく田んぼで餌取して
いるのが見られるようになった。今日は沼の周回道路を走っていると土手から田
んぼの方にカメラのレンズを向けている人が見られたのでカメラを持って土手に。
田んぼでは2羽のサンカノゴイがゆっくりと餌をとりながら移動していた。
写真は土手上からP900での撮影、ダイナミックファインズーム4000mm
相当でノートリミング。

 

ハシボソミズナギドリ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 5月26日(金)17時32分37秒
返信・引用
  昨年はこの時季、銚子に3桁のハシボソミズナギドリが見られたが今年は
今のところそのような話は聞かれない。そんな中、先日、波崎港内をハシ
ボソミズナギドリが短時間だったが飛んでくれた。
 
 

チュウシャクシギ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 5月26日(金)00時09分22秒
返信・引用
  渡りのシギチ終盤戦、チュウシャクシギが多数道路際で休んでいるのが見られた。
 
 

アカエリヒレアシシギ夏羽

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 5月26日(金)00時03分2秒
返信・引用
  先日、シギチが見られる田んぼで見られたアカエリヒレアシシギ、全部で4羽
確認できた。
 
 

オグロシギ夏羽

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 5月20日(土)09時41分10秒
返信・引用
  シギチが見られた田んぼ、この日は茶色の大きめのシギが1羽みられた。オグ
ロシギだった。今季オグロシギは3月茨城南部で冬羽を見て以来。

 

ツルシギ夏羽

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 5月19日(金)09時44分30秒
返信・引用 編集済
  シギチが見られた田んぼに遠かったものの黒っぽいシギが1羽。よくよく見る
とツルシギ夏羽だった。
今季ツルシギは3月茨城南部で冬羽、ツルシギ夏羽は昨年5月北印旛付近で見
て以来。
 
 

コヨシキリ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 5月18日(木)00時35分23秒
返信・引用 編集済
  利根川の河川敷の葦原で多くのオオヨシキリが囀る中、少し異なる囀りが聞か
れた。声のする方向の葦原の中を探して見るとコヨシキリだった。お気に入り
のソングポストがあるようでそこでよく囀ってくれた。

 

ウズラシギ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 5月16日(火)08時41分5秒
返信・引用
  マイフィールドでは毎年、この時季、ムナグロ、キョウジョ、キアシ、ハマシ
ギの混群の中に1羽、2羽とみられるウズラシギ、今季も何とか確認できた。
 
 

トウネン、ハマシギ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 5月16日(火)00時17分38秒
返信・引用
  田植えが終わった田では日増しに苗の丈が伸び緑みどりしてきた。シギ・チの
渡りは最盛期を越え、このところ夏羽のハマシギ、トウネンが多く見られる様
になってきた。
トウネン、ハマシギは水の浅い田んぼや畦で見られる。
 
 

子連れコブハクチョウ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 5月15日(月)00時29分27秒
返信・引用
  稲敷の蓮田で見られたコブハクチョウ、4羽の子連れだった。印旛沼付近の
蓮田だとハクチョウが入ると農家の人が追い払うが稲敷では追い払っている
のを見たことがない。
 
 

アオアシシギ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 5月15日(月)00時22分31秒
返信・引用
  夕日バックのシギ、順光側へ回って確認。アオアシシギとコアオ。
 
 

コクガン

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 5月 8日(月)00時11分36秒
返信・引用
  先日訪れた漁港、対岸側かなり遠く(距離360m)に見られたコクガン2羽、
もう少し近くでみたいもの。
 
 

レンタル掲示板
/62