teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


カルガモ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 8月 4日(金)22時16分30秒
返信・引用 編集済
  農道を走っていると車正面の道路にカルガモが十羽ほど出ていた。近づくと
そのカルガモと共にいたと思われるカルガモが20羽ほど飛び立ち、さらに
近づくとその付近の畔にいたと思われるカルガモも飛び立った。その数合わ
せて80羽あまり、こんなにまとまって見られるのは今の時期珍しい。
 
 
 

タマシギーⅡ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 8月 1日(火)22時43分54秒
返信・引用
  こちらは隣県のタマシギ。道路からかなり近いのに見落としそうになる。
 
 

草陰のタマシギと

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 7月26日(水)00時32分56秒
返信・引用 編集済
  北印旛沼付近では久しぶりのタマシギ。以前は時々見られたが休耕田がなく
なってからは見ていなかった。
写真2はヒクイナ幼鳥か、バン幼鳥か???
 
 

オオタカ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 7月24日(月)23時02分8秒
返信・引用
  先日見かけたオオタカ、背にアンテナを付けていた。なんの調査だろう?
 
 

ダイサギ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 7月24日(月)22時50分34秒
返信・引用
  サギ山でのダイサギ家族、餌を持ってくる親も大変。

 

チュウサギ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 7月24日(月)22時41分35秒
返信・引用
  北印旛沼付近でのチュウサギ。今の時期一番多く見られるのがチュウサギ。
 
 

チュウサギ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 7月24日(月)22時37分28秒
返信・引用
  サギ山でのチュウサギ。
 
 

シギチ@北印旛沼

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 7月23日(日)22時40分17秒
返信・引用
  北印旛沼付近で最近見られているシギチ。コチ、イソ、クサ。
 
 

オシドリ一家

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 7月21日(金)23時53分4秒
返信・引用
  先日北印旛沼付近の田んぼの水路で見かけたオシドリ一家、親を含めて9羽の
グループの様、すぐに田んぼの稲の中に入り見えなくなった。
オシドリは昨年も北印旛沼と西印旛沼をつなぐ捷水路で雛連れが見られている
ので印旛沼付近でも繁殖している模様。

 

このサギは?

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 7月21日(金)23時33分3秒
返信・引用 編集済
  上嘴は黒、下嘴には黄色が交じる、目元は黄色、後頭に冠羽、足は暗黄緑色、
趾が暗黄色。コサギ幼鳥か。
 
 

コサギ@北印旛沼

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 7月20日(木)11時15分34秒
返信・引用 編集済
  北印旛沼付近では今季、コサギが例年より多く見られる。嘴は黒、Ad-sには
後頭に冠羽、足は黒く、趾が黄色い。
 
 

コサギ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 7月14日(金)00時03分16秒
返信・引用
  サギ山でのコサギ、中には抱卵しているものも見られた。
 
 

暑い暑い暑い!

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 7月13日(木)14時57分43秒
返信・引用 編集済
   

ヒバリ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 7月10日(月)18時39分45秒
返信・引用
  ヒバリは警戒心の強い鳥で、抱卵、子育て時季には決して自分の巣の近くには
降りてこない。この時はヒバリは雛に食べさせるために口一杯に虫を銜え、少
し遠くに降り、周囲の様子を見ながら雛のいる巣の方に移動していたが、雛は
それを待てずに親に近づき盛んに餌(虫)をねだっていた。
 
 

Re: 今年もチョウゲンボウ

 投稿者:あきれ  投稿日:2017年 7月 8日(土)17時15分30秒
返信・引用
  管理人さん

ご教示ありがとうございます。ちょっと意識して観察してみます。

最近、カラスも子育て中のようで、夜中の12時過ぎに大騒ぎしていることもあります。
寝ないんでしょうか…(^^;

> あきれさん
> チョウゲンボウはこの時期営巣して子育てします。それも人工物、例えば橋脚、鉄橋、
> 工場などの使われなくなった排気口...が多い。千葉中央駅付近はよく知らないの
> でよくわかりませんがそんな場所があるのではないでしょうか。
>
> > 千葉中央駅付近で、チョウゲンボウを確認しました。
> > 毎年、初夏から夏の初めにかけて見かけるのですが、どの辺りに営巣しているのかは全くワカリマセン…
> >
 

アメリカコアジサシ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 7月 7日(金)22時28分41秒
返信・引用
  アメリカコアジサシとコアジサシとの違いをネット上の情報で整理すれば、

1.背中の灰色が腰から尾羽まで一様
2.鳴き声が違う
3.コアジサシより少し小さい
4.初列風切羽の外側が黒い
5.足の色が違う(アメリカはくすんだ黄色)
6.足が短い

・・・などの様だがどこまでが確実な識別ポイントなのかは???

さて、先日見られたアメリカコアジサシとされるものは声は確かにコアジ
サシと異なり、その他

 写真1:背から腰、尾羽が一様に灰色
 写真2:初列風切り外側が黒い(3枚ではなく2枚だったが)
 
 

クロハラアジサシ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 7月 7日(金)00時03分41秒
返信・引用 編集済
  北印旛沼ではこのところクロハラアジサシがコンスタントに見られる様になってきた。
しかし、遠いのが難。今日はコアジサシも見られた。
 
 

Re: 今年もチョウゲンボウ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 7月 4日(火)09時03分30秒
返信・引用
  > No.1232[元記事へ]

あきれさん
チョウゲンボウはこの時期営巣して子育てします。それも人工物、例えば橋脚、鉄橋、
工場などの使われなくなった排気口...が多い。千葉中央駅付近はよく知らないの
でよくわかりませんがそんな場所があるのではないでしょうか。

> 千葉中央駅付近で、チョウゲンボウを確認しました。
> 毎年、初夏から夏の初めにかけて見かけるのですが、どの辺りに営巣しているのかは全くワカリマセン…
>
 

ヘッドホンタイプ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 7月 3日(月)23時50分49秒
返信・引用 編集済
  先日、土手の上からサンカノゴイが田んぼに出ていないか見ていたところ沼の方から
田んぼに向かってアジサシ類が飛んだ。コアジサシかと思ったがヘッドホンタイプの
模様。ピントが合っていなかったのが残念。
 
 

今年もチョウゲンボウ

 投稿者:あきれ  投稿日:2017年 7月 3日(月)18時47分20秒
返信・引用
  千葉中央駅付近で、チョウゲンボウを確認しました。
毎年、初夏から夏の初めにかけて見かけるのですが、どの辺りに営巣しているのかは全くワカリマセン…
 

レンタル掲示板
/62