teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


チョウゲンボウ@北印旛

 投稿者:管理人  投稿日:2017年10月 9日(月)00時44分10秒
返信・引用
  この日、チョウゲンボウが電柱の上でバッタかカマキリを食べているのに
出会った。何か食べている時はいつもより近くに寄っても逃げない。

 
 

マガン

 投稿者:管理人  投稿日:2017年10月 8日(日)00時28分8秒
返信・引用
  隣県西の洲干拓上空で見かけたマガン、西の洲岬方面に飛んで行ったので
その後を追いかけたものの見失ってしまったが、しばらくして同一個体と
思われるマガンを浮島上空で再度見ることができた。距離はかなりあり我
カメラでは黒っぽい鳥影ぐらいにしか写らなかったがなんとかおなかの白
地に黒斑模様を確認できた。
 
 

オグロシギ夏羽

 投稿者:管理人  投稿日:2017年10月 7日(土)22時45分18秒
返信・引用 編集済
  隣県で見られているオグロシギの小群れの中に夏羽の個体が一羽混じっている。
当初見られた群れの中には居なかったので後からの合流の模様。
写真2は今年の5月に見られた夏羽の個体。
 
 

ノビタキ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年10月 2日(月)00時29分14秒
返信・引用 編集済
  ここにきて増えてきたノビタキ、今日は2カ所で7+のノビタキを見かけた。
日本では夏鳥として本州中部以北に飛来、春秋の渡り期には平地の草地や農耕
地等で見られる。北印旛沼付近では秋の渡り期によくみられる。
 
 

モズ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年10月 1日(日)10時43分58秒
返信・引用
  ここのところモズの声が聞かれ、姿も見ることが多くなった。この日は電線で
バッタを捕らえて食べているモズを見かけた。
 
 

千葉県探鳥地で見られるカラー郵便ポスト

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月30日(土)01時06分12秒
返信・引用 編集済
  千葉県の探鳥ポイントの何カ所かでは様々な色の郵便ポストが設置されているのを
見ることができる。写真は青、白、赤のポスト(赤はポピュラー)だがそれぞれど
こに設置されているのだろうか?探鳥のついでに探してみよう!
因みに、この他、探鳥地:谷津干潟付近には黄色の郵便ポストが見られる。
 
 

エリマキシギ@北印旛沼付近

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月29日(金)10時19分10秒
返信・引用 編集済
  二番穂の伸びた苅田をゆっくりと車を進めてタシギを探していると二番穂の間から
首を伸ばしたのがエリマキシギ。残念ながらすぐに隠れてしまったが、今季の北印
旛沼付近では久しぶりのエリマキシギ確認となった。
写真3は最近見られるようになったノスリ。
 
 

タマシギ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月29日(金)00時14分50秒
返信・引用
  一か月ぐらい前に見られたタマシギ、♂♀合わせて数ペア+α見られたがこのタマ
シギの生態をNHK”ダーウィンが来た!”でとりあげられるらしい。地元の人から
聞いた話ではNHKが何日か張り込んで撮影をしていたとのこと。放映は今秋との
こと。どんな映像になっているのか楽しみ。
 
 

「ペリカンと漁師たち」展

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月28日(木)00時11分46秒
返信・引用
  成田の「なごみの米屋」飯田町店2Fのギャラリーで酒々井のアマチュア写真家の
田村雅彦さんの写真展「ペリカンと漁師たち」が開催されている(~10/2)。この
ペリカンは北印旛のモモイロペリカンがモデルである。カメラはオリンパスのミラ
ーレスとのこと。色彩鮮やかにペリカンの姿が切り取られている。ペリカンファン
の方は是非。

その際に貰ったレジメに気になる記述があった。ペリカンの愛称がガー君またはカ
ン君とあった。ガー君???今までに聞いたことがない愛称だ。ネットで調べて見
ると「志村どうぶつ園」で6月に放映した中にガー君というのがあった。テレビは
勝手に適当な名前を付けるものだ。その際の映像を検索するとタレントが舟の上で
ペリカンに触っている映像がでてきた。ペットでもないのに....。
8月28日に再度テレビ局がロケできたらしい。放映はこれからの模様。興味があ
るのはその放映の中で動物の心を読めるというハイジがなにかペリカンについてコ
メントするらしい。ペリカンは何を語ったのか....。

因みにペリカンの愛称はもともと「カン」だったらしい。その後、ネットでは「カ
ンタ君」が見られ、また、かなり前にテレビで放映されたときは「カンカン」、や
はりテレビはいい加減な名前を付ける。

 
 

クサシギとハマシギ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月26日(火)23時48分59秒
返信・引用 編集済
  クサシギはあちこちで見られるがハマシギは内陸部ではなかなか見られない。
以前は冬季にはハマシギは数十羽とまとまって見られたものだがこのところ
見られなくなった。
 
 

チュウシャクシギ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月26日(火)23時31分25秒
返信・引用 編集済
  蓮沼近くの乾いた田んぼで見られたチュウシャクシギ3羽、その中の1羽が片足欠損。
この日はその他に海岸端の波打ち際のテトラ等でも見られた。
 
 

ミズアオイと

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月25日(月)00時42分19秒
返信・引用
  準絶滅危惧種であるミズアオイとオグロシギ、タシギ。
 
 

ウズラシギ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月23日(土)22時30分58秒
返信・引用
  一か月ぐらい前に北印旛沼付近で見かけたウズラシギ、今回は隣県で久しぶ
りに出会えた。少し遠く、初めはエリマキシギかと思ったがウズラシギであ
った。

 写真1:ウズラシギ 写真2:エリマキシギ

 

ショウドウツバメ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月23日(土)00時31分3秒
返信・引用
  農道に多くのショウドウツバメが降りていた。よくよく見るとその中にツバメが
1羽。
 
 

ハヤブサ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月22日(金)00時34分23秒
返信・引用
  ここ数年見られているハヤブサ、今季もやってきた。

 

ジロネン

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月21日(木)08時10分33秒
返信・引用 編集済
  今季初のオジロトウネン、曇天だったためか、色が出なくピントが合ってな
い写真ばかりになってしまったがその中から何とかジロネンと判断できるも
のを掲載。
 
 

ツルシギ幼羽

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月21日(木)08時04分13秒
返信・引用
  ある蓮田でアオアシシギ、タカブシギを観察しているとそこに飛んで来たのが
ツルシギ3羽。ちょっと遠かったが今季初。この辺りでは少なくと5羽+見ら
れているらしい。写真は3羽の内の2羽。
 
 

アカアシシギ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月21日(木)01時01分33秒
返信・引用
  先日出会えたのは幼鳥、今回のはAd-W、上部は一面に灰褐色、嘴基部は
上下とも朱色、足は朱色。
 
 

アマサギ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月15日(金)10時38分28秒
返信・引用 編集済
  このところ田んぼの稲刈りも終盤戦、コンバインの稲刈りの近くには飛び出
してくるバッタやカエルを目当てにサギが多く集まる。稲刈りの最初のころ
はチュウサギが多かったがこのところアマサギが増えた。写真は蓮田でのア
マサギ。

 

ヤマガラ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月15日(金)10時17分18秒
返信・引用 編集済
  久しぶりの房総風土記の丘、資料館前を通ると赤い幟が2本、なんと「イノシシ
出没注意」とのこと。これからの冬鳥の季節、バードウォッチングには支障が
...!

話は変わって今の時季、房総風土記の丘のあちこちで見られるエゴノキ、その
エゴノキの実にやってくるヤマガラ、エゴノキの前で待っていると数羽が出入
りしているのが見られる。

 

レンタル掲示板
/62