teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


コウノトリ

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 9月 2日(金)21時14分13秒
返信・引用 編集済
  今日、野田市で放鳥したコウノトリ「きずな」と思われる個体を見ることができた。
場所は霞ヶ浦、ネットによれば前日はつくば市にいたらしい。
 
 
 

Re: セイダカシギ

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 9月 2日(金)21時10分20秒
返信・引用
  > No.1048[元記事へ]

ころぽっくるさん
 かつてセイタカシギは迷鳥扱いだったのがこのところ増えあちこちで見ることが
 多くなりました。「水辺の貴婦人」ともよばれる優雅なシギですよね。
 

セイダカシギ

 投稿者:ころぽっくる  投稿日:2016年 9月 1日(木)13時13分12秒
返信・引用
  写真はないのですが、1週間ぐらい前に旭市の田んぼででセイダカシギを見ました。いると思わなかったので驚きました。  

時季外れのシノリガモ

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 8月30日(火)23時30分57秒
返信・引用
  冬場の♂生殖羽は見間違うことはないが今の時期のシノリガモの♂♀の識別は難
しい。今までは耳羽付近の丸い白斑が単独のものが♀、その白斑とその傍に縦の
白線があるものが♂と認識していたが、♂エクリプスはその縦の白線がないよう
で白斑のみでの♂♀の識別は難しい。
写真の個体はその白斑のみで、♂♀の識別は難しいが三列風切りが目立つことか
ら♂エクリプスの様。
 
 

曇天、色が出ない

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 8月28日(日)00時39分17秒
返信・引用
  今日は曇天、時々小雨、色が出ない。

 

コアオアシシギ

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 8月27日(土)00時18分19秒
返信・引用 編集済
  遠くから見た時はタカブシギかと思ったが....。
 
 

水たまりが埋め立て

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 8月27日(土)00時15分31秒
返信・引用
  銚子マリーナの水たまりが埋め立てされほとんど消滅状態。そんな中、わずかに
残っている水たまりにトウネン4羽とイソシギ。

 

アオアシシギと

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 8月20日(土)23時36分44秒
返信・引用
  アオアシシギとタカブシギ。先日の台風の後にどこかへ移動してしまったのは残念。
 
 

ムクドリ若

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 8月18日(木)20時42分45秒
返信・引用 編集済
  北印旛沼付近のラジコン飛行場に若ムクドリ300±の群れが見られた。  

カルガモと

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 8月13日(土)00時28分3秒
返信・引用
  カルガモとアマサギとセイタカシギと....。
 
 

ジシギ

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 8月11日(木)00時08分49秒
返信・引用
  北印旛沼付近で見られたジシギ2個体。
 
 

オシドリ

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 7月29日(金)23時33分14秒
返信・引用
  今年は昨年の半月遅れで確認。

 

今季初のジシギ

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 7月28日(木)23時32分25秒
返信・引用
  先日農道を走っているときに見かけたジシギ、逆光だったがかなり近くまで来てく
れた。
 
 

ミサゴ

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 7月24日(日)22時59分23秒
返信・引用
  西の洲の干拓地、草刈りが行われていた。水が溜まった水たまりは少しあるが道路
からは遠くシギチが入っても観察は難しそう。今日その西の洲で見られたのはカル
ガモ、トビ、ミサゴ。
 
 

キジ

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 7月23日(土)23時58分56秒
返信・引用 編集済
  先日見かけたキジ、メスは子づれだった。子1羽のみは少ない。
 
 

キセキレイの巣

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 7月20日(水)09時58分10秒
返信・引用
  キセキレイは渓流沿いの岩のくぼみ、石垣の穴、人家の隙間など様々なところに営巣
するが、ここはある宿泊施設の窓の外、暗い室内からガラス越しなのであまり警戒が
なく観察させてくれた。写真1は♀だが入れ替わりに写真2の♂もやってくる。
 
 

行々子の巣

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 7月19日(火)23時25分56秒
返信・引用
  1カ月ぐらい前に数人の人が土手から沼を見下ろして写真を撮っていたのに出会った。
後ろから覗くと葦の中に何かの巣が丸見えになっていて中に3羽の雛がいたのが見ら
れた。それはオオヨシキリの巣だった。親が近くに来ると雛たちは盛んに口を開けて
餌をねだっていた。次の日にはもう雛は居なくなっていたので巣立った?ようだった。
しかし丸見えの巣というのは....!?

オオヨシキリの巣:葦の茂みを選んで営巣する傾向がある。地上から0.5m~1.5mの
高さによく巣をかけ、巣の内部が出入り口より少し広くなるように作られる。
 
 

ヘラサギ

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 7月 5日(火)23時00分26秒
返信・引用
  この日ある田んぼで見られたサギ、ヘラサギの様。しばらくして戻ってみると農家の方
が田んぼに入ったためか見つけられなかった。
 
 

チュウシャクシギ

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 7月 3日(日)16時50分27秒
返信・引用
  今の時季、越夏個体か秋の渡りの先駆けか、チュウシャクシギが1羽見られた。

 

クロツラヘラサギか?

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 7月 2日(土)20時06分39秒
返信・引用 編集済
  利根川千葉側から対岸にいたサギを見ると普通のサギではなかった(写真1)ので
茨城側から見てみた(写真2、3)。距離は写真1が500m超、写真2、3は
300m強。あまりにも遠すぎて識別が難しいがクロツラの様(クロツラ+ヘラと
いう意見も)。
 
 

レンタル掲示板
/57