teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ハヤブサ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月22日(金)00時34分23秒
返信・引用
  ここ数年見られているハヤブサ、今季もやってきた。

 
 

ジロネン

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月21日(木)08時10分33秒
返信・引用 編集済
  今季初のオジロトウネン、曇天だったためか、色が出なくピントが合ってな
い写真ばかりになってしまったがその中から何とかジロネンと判断できるも
のを掲載。
 
 

ツルシギ幼羽

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月21日(木)08時04分13秒
返信・引用
  ある蓮田でアオアシシギ、タカブシギを観察しているとそこに飛んで来たのが
ツルシギ3羽。ちょっと遠かったが今季初。この辺りでは少なくと5羽+見ら
れているらしい。写真は3羽の内の2羽。
 
 

アカアシシギ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月21日(木)01時01分33秒
返信・引用
  先日出会えたのは幼鳥、今回のはAd-W、上部は一面に灰褐色、嘴基部は
上下とも朱色、足は朱色。
 
 

アマサギ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月15日(金)10時38分28秒
返信・引用 編集済
  このところ田んぼの稲刈りも終盤戦、コンバインの稲刈りの近くには飛び出
してくるバッタやカエルを目当てにサギが多く集まる。稲刈りの最初のころ
はチュウサギが多かったがこのところアマサギが増えた。写真は蓮田でのア
マサギ。

 

ヤマガラ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月15日(金)10時17分18秒
返信・引用 編集済
  久しぶりの房総風土記の丘、資料館前を通ると赤い幟が2本、なんと「イノシシ
出没注意」とのこと。これからの冬鳥の季節、バードウォッチングには支障が
...!

話は変わって今の時季、房総風土記の丘のあちこちで見られるエゴノキ、その
エゴノキの実にやってくるヤマガラ、エゴノキの前で待っていると数羽が出入
りしているのが見られる。

 

大竹メガソーラ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月13日(水)09時37分23秒
返信・引用 編集済
  成田市大竹のメガソーラーに関しての東京新聞の記事。かつてはコジュリン、オオセッカ
ポイントだった葦原がメガソーラに変わった。当初地元バーダからあそこは工事保留にな
っていると聞いていたがいつの間にか工事は再開。工事保留は環境アセスの話ではなかっ
た。
因みに現状オオセッカは沼の葦原で声が聴かれることがある程度、コジュリンも周辺に散
見されることがある程度になってしまった。

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201708/CK2017082102000116.html

 

アカアシシギ幼鳥

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月13日(水)00時53分20秒
返信・引用
  嘴に赤みが全くなかったもののオレンジ色の足や大きさ、嘴の形状等からアカアシ
シギ幼鳥と判断。この日は1羽を確認。
 
 

オグロシギ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月12日(火)14時21分28秒
返信・引用
  オグロシギ先発の1羽、ここにきて後続?の十数羽の小群れも入ってきているらしい。
 
 

ヒバリシギ-2

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月 7日(木)22時53分1秒
返信・引用 編集済
  別の日の別個体のヒバリシギ。
 
 

ヒバリシギ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月 7日(木)18時25分44秒
返信・引用 編集済
  今シーズンは3羽のヒバリシギと少し離れたところで2羽のヒバリシギを確認。
トウネンより小さく、足は長く黄色、背中のV字が目立つ。
 
 

シノリガモ♂エクリプス

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月 7日(木)00時16分7秒
返信・引用 編集済
  昨年も今の時期に見られたシノリガモ、今年は2羽見ることができた。全体的に
暗褐色で♀に似るが、翼は雨覆に小白斑、三列風切に大きな白色部があり、♂生
殖羽のパターンに同じ(写真2)。
写真3の個体は白色部のパターンが写真2と少し異なるがこちらもエクリプスか。
 
 

オバシギ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月 3日(日)23時55分16秒
返信・引用
  今日の九十九里、暑かったが、サーファーが多く、また釣り人も多く、蓮沼の
ウォータガーデンも子供たちでにぎわっていた。そんな九十九里の浜辺で見ら
れたのがオバシギ3羽、サーファーが近づいてもあまり逃げなく、盛んに波打
ち際で餌を獲っていた。
 
 

アカエリヒレアシシギ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月 2日(土)01時14分26秒
返信・引用 編集済
  8月30日のニュースによれば宮城で行われたプロ野球の、楽天-西武戦で、
雨による試合中断の間に鳥の群れがグラウンドへ飛来し飛び回り、試合がしば
らく再開できない事態が発生。飛び回ったのはアカエリヒレアシシギとのこと。
ネットの動画で見る限りグランドに降りた所をカウントして数百レベル。
そんなアカエリヒレアシシギ、近場にもやってきた。数は少なく幼羽2羽。距
離が遠かったのが一寸残念。
 
 

キリアイ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 8月30日(水)09時55分40秒
返信・引用 編集済
  出会えると嬉しいシギの一つ。三番瀬でも見られているが茨城南部でも何カ所か
で見られている。白い眉斑と頭側線の上に2本の白線、くちばしの先端が少し下
に曲がる。もう少し近くで観察したかった。
 
 

ウズラシギ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 8月30日(水)00時00分47秒
返信・引用 編集済
  茶色い帽子が特徴のウズラシギ、MFでは少数だが春、秋に田んぼで見られる。
 
 

ソリハシシギ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 8月29日(火)09時29分0秒
返信・引用
  内陸で見られるとうれしいソリハシシギ、昨年は北印旛沼付近でもみられたが
今シーズンはその環境が殆どない。写真は隣県での観察。
 
 

ムナグロ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 8月24日(木)22時05分55秒
返信・引用
  先日見かけたケリを探して田んぼを周っていたら出会ったのがムナグロ4羽、傍の
田んぼではコンバインで稲刈りが行われていた。
 
 

エリマキシギ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 8月24日(木)10時58分32秒
返信・引用
  今週になって暑い夏が戻ってきた。こう暑いと車を降りないで鳥を探せる所を
選んでの鳥見となる。この日見られたのはエリマキシギ、小さめだったので♀
の模様。

 写真1:エリマキシギ
 写真2:エリマキシギとタカブシギ
 写真3:最初はイソシギかとおもったが嘴の形状からソリハシギか。
 
 

オオジシギ@北印旛沼付近

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 8月22日(火)23時59分33秒
返信・引用
  農道を車で進むとフロントガラス越しに道路際のジシギが見られた。車を止めて
窓から体をのりだして撮影しようと思ったが一瞬早く飛ばれた。飛び去った辺り
まで車を進めると横の田んぼの畔遠くにジシギが見られた。距離は遠く、すぐに
隠れてしまったのだが、何とか識別できる写真が撮れた。オオジシギの模様。
 
 

レンタル掲示板
/60