teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ノォーーー!

 投稿者:しば  投稿日:2017年 7月20日(木)19時12分37秒
返信・引用
  遺留捜査ぁあああああ!!!(T0T)

見たいけど、リアルタイムでは見られないから見逃し配信でと思いつつ、
なんだかんだと見る時間がとれないまま今日になり、
午後2時から再放送が始まったから見ていたものの、
1時間もしないでお嬢のお迎え……。

宿題がないんだからすぐにテレビをつければよかったのに、
持ち帰ってきた荷物の片付けやらなにやらしてる間に終わってしまい、
今さっき、ティーバーとかギャオとか覗いたら、7時まえに配信終了……orz

日テレで左江内さんやってたときは、リアルタイムの放送まで1時間切ってても
前回のが見られたのに~~~!!!

あっついなか、京都で撮影している戸田さん、上川さんとか、応援する気持ちで見たかったのに~~!!

ショック……。

今日の放送は夜中、見よう。

明日からお嬢は夏休みだしね。
夜更かしし放題だ!!
 
 

そういえば

 投稿者:しば  投稿日:2017年 7月20日(木)11時30分3秒
返信・引用
  芸能人の不倫だ浮気だって、いろいろ言われて叩かれてるけれど、
つっちーだったかな、
「俳優さんだったら、良い演技を我々に見せてくれたらそれでいいわけで、別にそんなプライベートなんて知りたくもないし、興味もない」
って、言ってたのを聞いて、頷いた。

わたしも、そう思う。
ベンガルさん然り、船越さん然り。
俳優さんは良い演技を、ミュージシャンは良い音楽を、アーティストは良い作品を提供してくれたら、それでいい。

ただ、薬物は別だけどねー。
それを利用して生み出されたものには、何の価値もない。
不倫や浮気をして良いものを生んだ。それはそれで、別にいい。
そういうものですら肥やしにしてるんだろうから。

けど、薬は違う。
好きな有名人が浮気しようが不倫しようが、わたしは裏切られた感を抱くことはないけれど、
薬を使われたら、裏切られたと思ってしまう。


マッキーのときがそうだったもん。
そして、未だにその気持ちは癒えてない。気がする。
 

買ってみた

 投稿者:しば  投稿日:2017年 7月20日(木)11時17分3秒
返信・引用
  今日発売の週刊新潮。

立ち読みだけで済まそうと思っていたんだけど、
ゴシップ記事ではない、普通の読み物だとかコラムとかをちゃんと読みたくて買った。

結婚する前後時代のわたしは、女性週刊誌を好んで読んでいたし、
そこに書かれていることの大半を鵜呑みにしていたんだけれども、
(ここら辺、活字の怖さだと思う)

この20年ちょい、いろいろ積み重ねてきたものや、わたしの直感などなどが、
「これは嘘っぽい」「これは本当っぽい」
と、振り分けてくれるようになったこともあり、
基本、週刊誌ネタというものは、そもそも「信じない」ことにしてるんだけど……

今回の松居さんの一件に限っていうと、船越さんがなにも言わない、というか、
言えないでいるために、真実が見えてこないでいる。から、モヤモヤしたまま。


松居さんは、正義感がとても強くて、情の熱い、そして強い人だと思う。
嘘も嫌いだから、自分にも他人にも嘘はつかない。それが、彼女の信念にもなっている。

それプラス、思い込みが激しい。
そして自分のこと(考え、思い)をとてつもなく信じているように見える。

だから、
「わたしがこう思ったんだから、こうなのよ!」
「わたしが違うって言ってるんだから、違うのよ!!」
って、なっちゃうんだと……。

実際は、勘違いや思い違いかもしれないけど、
自分を信じきっているがゆえに、
「それは決してない!」
って、なるんだと……。

船越さんの浮気だ不倫だっていうのは、正直、わからない。
嘘かもしれないし、真実かもしれない。

ただ、果てしなく黒に近い状態だったからこそ、疑ってしまったんだろうし、
本当に大好きだったから、裏切られた感が強かったんだろうな、と。

愛情は、憎しみと怒りに変わると、タチが悪くなる。
愛の深さが、深ければ深いほど、憎しみと怒りも深くなる。激しくなる。

情念の女性……なのかな……。


ただ、最近は船越さん相手というよりは、事務所に矛先が向いている。

自分の親友と不倫をした男は許せないけれど、そんな男をかばい守っている事務所、
挙句、ワイドショーでこれらを報道している各局にたいして圧力をかけて、
自分の言葉を握り潰そうとしている事務所に対しても、怒り心頭。みたいな。


良くも悪くも、松居さんは一途なんだろうな。
で、そういう想いが良いほうに向いているときは、本当に良い人なんだと思う。
でも、その一途さが負の感情に向いてしまうと、豹変してしまう。


なんかもう、小説のなかに生きている人だと思いたくなるほどに、すごい人だ。


松居さんが握っているいろいろな証拠なんかは、
他人から見て「これは証拠にならないよ?」とか「こういう見方もできるよね」というものでも、
松居さんから見て「いや、これは不倫の証拠なの!」だったら、それは間違いなくそうなっちゃうんだろうな。

一筋縄ではいかないだろうなぁ……。

船越さん、そして事務所が、松居さんが納得してもらえるような言葉と態度を示さない限り、
解決しなさそうな気がする……。



改めて思うけど、

『事実は小説よりも奇なり』

なんだな。
 

天気が

 投稿者:しば  投稿日:2017年 7月19日(水)10時46分28秒
返信・引用
  ころころと変わるおかげで、落ち着かない(笑)

晴れたり曇ったり晴れたり曇ったり。

窓越しにはいる光に反応しすぎるのも良くないんだろうけど、
机があるから、しゃーないわな。


さて、今日はインプット日和とするかな。
 

硬いかわいい

 投稿者:しば  投稿日:2017年 7月18日(火)22時31分37秒
返信・引用
  昨日の猫ちゃん、の置物。

ぬいぐるみとも違うし、もちろん生きている子とも違うし、
一日経ってもやっぱり触れば硬いのだけれど、
けど、その硬さひっくるめて、愛らしい……。

しかも、動かないはずなんだけど、老眼もはいってきている目でもあるし、
わたしの願望がそうさせているのかもしれないんだけど、
ちょっとした瞬間に、なんか、動いたように見えてしまうことがある。

錯覚だとわかっているけれど、動いた気になってしまい、可愛さが倍増……。

鳴くこともない、動くこともない、目はつむったまま。
だけど、ついつい、おでこをナデナデ、お尻をナデナデ、首根っこや顎をナデナデしてしまう。

ふと、実家で飼ってたタマの鳴き声とか、ゴロゴロと喉を鳴らす音だとか、
すっかり記憶の彼方にいってしまっていたあれこれが思い出され、
自然とニタニタしてしまっている。

硬いけど、丸みを帯びたこのフォルムだからこそ、愛らしいんだろうな。
そして大事に大事に可愛がれば、わたしがあの世へ逝く日まで一緒にいることができる。
すなわち、そう……この子は死なない。
粉々にならないかぎり、わたしのまえから消えることが、ない。
わたしを残して、あの世へいくことも、ない。
そしてわたしが死んでも、この子は困ったりしないし、寂しい想いをすることもない。

なんか、いいよ。こういう置物。
ペットを飼いたいけど、飼えない人には、いいと思う。
命を背負う責任はないし、お世話をする必要もない。
ただそこにいるその子を愛でているだけでいいんだもの。

硬いけれど、ぬいぐるみよりも、それっぽいしね。


でもあれだな。
こういうものに手を出すってことは、やっぱり寂しいんだな、わたし。
今はもうあまり意識してないけれど、実はまだまだペットロスの渦にいるのかも……。
 

さて

 投稿者:しば  投稿日:2017年 7月17日(月)22時41分11秒
返信・引用
  連休も今日でおしまい。

8時すぎに、お嬢を送り届けてくれたお父さんとお母さん。
昼間買ってきた茶トラ子猫の置物を抱いて玄関で待っていたら、
お嬢が「あー! 猫ちゃん!! わたしのは?」
と、訊いてきた。
当然ながら
「ないよ~~」
の返事。

お母さんは
「タマちゃんだ~~」
と、ちょっとウルウルさせつつ、触っていた。
「毛っぽかったらよかったのにね~」
とも言っていた。
「そうだね」
と、うなずくわたし。

自分が欲しくて買ったけれど、11月のお母さんの誕生日に、
プレゼントしてもいいかな、とふと思った。

お母さんの誕生日まであと4ヶ月。
4ヶ月だけうちの子になってもらったら、あとはお母さんちの子。
お嬢が寂しがるかなぁ。
でも、行けば会えるし。

お母さんが天寿を全うしたら、形見としてわたしがもらうという手もある。
そのまえにわたしが天寿を全うしないとも限らないのだけれども。

もう一つ売ってたらよかったのになぁ。
もうしばらくしたら、また入荷されるかな。
またタマちゃんっぽい子がいたら、買ってきちゃう?

とりあえず、保留にしておくかな(^^;
 

普通の事故

 投稿者:しば  投稿日:2017年 7月17日(月)20時11分7秒
返信・引用
  ですらも、事件性があるのではないかと疑って見てしまっている自分がいる。の、ナウ。

夫婦で登山をしている最中、妻が滑落し、ヘリで搬送されたものの、残念な結果になったとか。

なんの疑問も他意もなく文脈通りに読めば、悲しい事故で終わるんだけど、
「実は……」
みたいな、二時間ドラマでよく見る設定を思い出してしまう。

他に目撃者がいるのであれば、事件性のない事故で終わるだろうけど、
たとえば周りに誰もいない状況で……となった場合、
念のために警察で事情聴取を受ける可能性もあるんだろうなあ……みたいな。

最近、こんな感じで「実は」的に考えてしまうようになった。
ある意味、物書きとしての“性-さが-”であるなら、嬉しいかぎり。



さておき、子猫サイズの置物(香箱座りしてる)を、お花屋さんで見かけて買ってきた。
まえは、成猫サイズのがあったけど、ちょいと高値だったから諦めていたんだけど、
なんかやっぱり寂しくて……。
でも、生きている子だと、荷が重たいな、ということもあり、子猫ちゃんを。

実家で飼ってたタマちゃんと同じ茶トラだから、なんか嬉しい(*^_^*)
しかも、置物なのに妙に存在感があるから、机から離れて戻ってくると、ドキッとする(笑)

なにせ、ほぼほぼ子猫原寸だからね……うん。

ずっと眠ってる子だけど、それもまた可愛い♪

触ると硬いけど、撫でているとると落ち着く。


ようこそ、我が家へ。
 

かんかん

 投稿者:しば  投稿日:2017年 7月17日(月)13時30分23秒
返信・引用
  は、毎日がんばって舞台を勤めている。

麗禾ちゃんは、弟とパパを舞台袖から支え、見守っている。
(行けるときは)

ほっこりできるブログもあれば、
まだまだ心の叫びが聞こえてくるブログもある。

かと思えば、何気ない、かんかんと、麗禾ちゃんの様子を撮った画像に、
母親としての想いが揺さぶられるのか、涙ぐんでしまうときがある。


死んだら全てが終わるわけではない、のだろうけれども、

お互いに生きていて会えないのと、そうじゃないのとでは、想いは異なるんだな……。
 

三連休

 投稿者:しば  投稿日:2017年 7月17日(月)00時07分26秒
返信・引用
  夏休みをまえにしての三連休は、嬉しい。
今月にはいってから、猛暑のような日々で、
そのなかでの送迎というものは、かなりグッタリしてしまう。

それが一日減るだけでも、嬉しいのだ。

とはいえ、連日登下校している子どもたちや先生たちに比べたら、
わたしが送迎時で歩いている距離は短いわけで、
しかも先生のなかには、わたしよりも歳上のかたがいらっしゃる。
みんな「もういや~~ん」と思ってはいるんだろうけど、
ちゃんと登下校・通勤、帰宅をしている。
そんな人たちを思えば、弱音を吐いている場合ではない。

が、やっぱり送迎をしないでいい日は、嬉しい。



さておき、昨日は、相方がお休みだった。
でも、気温が高すぎて普通に公園へ遊びに行かせられる状況じゃなかったこともあり
(万が一ということを考慮して)
お嬢が幼稚園へ通い始めてからは、
夏休みになるとアンパンマンの映画を観に行くことにしてるんだけど、
少子化の影響やら子ども向けのアニメが豊作にあることで、
あまり長い日数を上映してくれる映画館がないというか、
上映回数も、一日一回とか二回とかっていう状況で、
もしかしたら、夏休みにはいるころには終わってそうな予感がしたから、
めっちゃ暑かったけれど、電車のなかや映画館は涼しいということで、行ってきた。

アンパンマンは、小さな子どもから愉しめるし、
映画館デビューするには丁度いいということだから、ちっちゃい子が多かったけど、
お嬢ぐらいの年の子もそこそこいて、うるさ……もとい、賑やかな雰囲気で鑑賞してきた。

内容に関していうと、ちっちゃい子でも理解できるような作りをしているし、
いわゆる水戸黄門のような、基本的な構成は決まってるって感じかな。
昨日で4回目になるけど、アンパンマンとその仲間たちもそうだけど、
ゲストキャラというか、その年のメインになるキャラクターの外見こそ違うものの、
基本的なキャラ設定(性格とか)は、ほぼほぼ一緒。

やなせ先生が亡くなる数年まえからこんな感じになりはじめてきたような気がする。
ストーリは全くないわけではないんだけど、たぶんだけど、すでに成人した子たちが、
子どものころにやっていたアンパンマンの映画のほうが、
もしかしたら、毎回、違った感じのアンパンマンだったかもしれない。
(何作かツタヤで借りてきたやつがあるけど、テーストが違ってたから)

でも……そういう部分まで気にして観ている人間って、
それこそわたしみたいに創作している人間が大半だったりするんだけど、
あくまでターゲットは子どもだから、その子どもたちが理解できる作品である、という意味では、
あれでいいのかな? って思う。

お嬢も愉しんで観てたし……うん。
いつまで愉しく観ていられるのかはわからないけれど、
考えてみると、わたし、ずっとアンパンマン観てるかも(笑)
子ナシ時代からずっと。

ワンパターンではあるけれど、そのワンパターンが安心して観られる理由にあるのかも。
ドラえもん、クレしん、まるこちゃん、サザエさんetc……

てゆーか、ワンパターンって、ブレてないってことだから、ある意味、強みだよね。きっと。
変わることが、強みを見出す場合もあるけれど、
変わらないことが、強みである場合もあるし、あっていいんだよね。うん。

で、今日は、昨日の疲れを癒すべくボヘヘーとしてた。
最小限の家事と買い物には行ったけど。

あと、昨日の夜は、お兄ちゃんがお父さんたちを食事に誘ったから、
(お父さんの誕生日プレゼントとして)
お嬢はお泊まりすることができず、
結果、お父さんは月曜日に休みをとり、今日のお昼まえにお嬢は実家へ行き、今夜はお泊まり♪

久々に大人仕様の麻婆豆腐を作って食べた!
お嬢がいると甘口に統一するから、ちょっと物足りなくなる。
だから、お嬢が不在の夕食は、味付けは大人仕様♪

そして明日も、のんびりする予定。
てか、先週、DVDを借りてきたから、それを観る!!
ハリポタの時代よりもまえの時代の設定もの。
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
本当は映画館で観たかった。
けど、行く暇と体力がなくて断念したという。

久しぶりに壮大な現実逃避ができるかな♪
愉しみ、愉しみ♪( ´▽`)
 

今日は

 投稿者:しば  投稿日:2017年 7月14日(金)11時47分59秒
返信・引用
  暑い!

昨日は、薄曇りだったことで、暑いといえば暑かったけれども、
一昨日の暑さよりは、マシだった。

そして今日は、再び、猛暑。

近年の暑さは尋常じゃない暑さだから、
本来わたしはお日様の顔を見たいほうだけれども、
夏のあいだだけは、雲に隠れてくれてもいいよ、って思った。

顔を出さなくても存在感はばっちり感じるから……うん。
7月で30度超えだよ。

そういえば、お嬢が年長さんのとき、保護者同伴で行った遠足のとき。
まだ6月だったけど28度とかだったなぁ……。
持っていた水筒のお茶がなくなって、自動販売機で買って追加したっけ。
保護者同伴だと、そういう臨機応変に対処できるしさせてもらえるけれども、
小学校行事で保護者が伴わないケースの場合は、どうなんだろう……。

何かあってからじゃ遅いからねぇ。
そういうことを踏まえて事前に説明会があるんだろうなぁ。
まだお嬢は先だけど、疑問に思うこととかちゃんと訊けるような親になっておかなきゃ。
 

レンタル掲示板
/81