teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


初日に行きました。

 投稿者:kakko  投稿日:2008年 6月 3日(火)23時17分29秒
返信・引用
  東京の初日は冷たい雨でしたが、なんと有楽町、チケット売り場に列が!(笑)
会場もほぼうまって、ほっとしましたぁ。(って、私は単にケヴィンファンなんだけど。)
ケヴィンは、若手のバックにまわって映画を引き締め、落ち着きを持たせて、下支えの演技。
でも、これがあるのとないのでは、たぶんこの映画、違ってくるだろうな,なんてね。(笑)
主役のジムくんも、ケイトちゃんも、周りの若者の仲間たちも、それぞれの性格をとらえてて、なかなかのでき。
音楽もやっぱり劇場で爆音で聞くのがいいでしょう。
ジムくんの心の葛藤、ここが好きだったな。
ケヴィンはって?相変わらずのケヴィン節。いつもの変装?(笑)たたみかけるような台詞。
最後ケヴィンがぎゃふん!?ってとこが結構本人、楽しんでるなって。
でも、ケヴィンの昔がイマイチわからなかったとこが、脚本今一歩かな。(笑)
とにかくケヴィンには高いもの、求めちゃう私。(すまん!ケヴィン!)
あのいつもの走り(!?)、あの変装、あのしゃべり、いつものケヴィン。
でも、若者と並ぶと貫禄だね。(笑)
これからのケヴィンに乾杯だよ!
 
 

ラスベガス~

 投稿者:スヨン  投稿日:2008年 6月 2日(月)16時21分32秒
返信・引用
  予告編の観過ぎで、先入観タップリに観始めましたが、
なかなかどうして、面白かったじゃないですか!?
ジムくんの友人やカウンティングの仲間も、それぞれが個性的に描かれ
良かったと思います。
(ケイトは相変わらず可愛かったし、アジア系女性もキレイでした。)

特に緊張したのは、ジムくんのパンツからお金が落ちるんじゃないかしら・・・
ってとこ(笑)

でも終わりがハッピーエンドで何よりでした。ケヴィにとっちゃ違うけど。
ケイトがイイ子で(ケヴィのオンナなんかじゃなく)、終わりのシーンでジムの
お母さんも交え、一家団欒してたところに好感が持てました。

子供っぽい感想でスミマセン。
 

気分爽快です~

 投稿者:えむ  投稿日:2008年 6月 1日(日)21時38分39秒
返信・引用
  duskさん、専用掲示板開設ありがとうございます~!
いつもお世話になりますm(__)m


東京でも生憎の雨模様にもかかわらず、初日初回朝早くからチケットカウンター前には長蛇の列!
ケヴィンファン(?)は、皆さん早起き!と言うか義理堅いと言うか(笑)
若い人は少なく、若干平均年齢高めで男性も多く並んでいました。
入場の際、先着プレゼントのクリアファイルが貰えました~~嬉しい~♡

映画の感想は・・・正直、予想以上でも以下でもなかったけれど(^_^;単純に面白かったですよ。
jane air doさんも書いていますが、冒頭のスタイリッシュな映像。
もうそれだけで、ワクワクして来ますよね。
オープニングで主人公が自転車こいでるシーンも好き~かかってる曲も大好き!
そして、何と言っても適材適所!キャスティングが素晴らしかった!
ケヴィもようやく自分に適した位置がわかって来たみたい(←すごく偉そう…)
BJのルールは分かっていても、凡才にカウンティングまでは無理でしょ!?
だからゲームの場面は、必死に計算することもなく最初からスルー。サラリと流して見てました。

チープな学生パブは、ベガスの高級クラブへ!
チャリンコが豪華なリモ~に!
狭い学生寮はハードロックホテルのスウィートに!
ブランド品を買いまくり~~プールサイドでゆったりまったり。
すっげ~~思いっきり成り金趣味!(笑)
貧乏人はこれだから困るのよねーまったく金の遣い方を知らない。
・・・って私も同じですけどね(^_^;
済む世界がガラっと変わってしまって、、、誰でも虜になっちゃうよね。
ラストが読める展開ではあれど、観終わった時の爽快感!
気軽に楽しめる。肩の凝らないエンターテインメント映画に仕上がってました。

欲を言えば・・・教授の過去も少し描いても良かったのかな。
ケヴィ教授!ナゾ多すぎますもん!(笑)
何故、過去に大儲けして二度と戻ってこなかったのか?
結局彼はただのセコイおっさん?だったの?あのケヴィが?
もう一捻り"オチ"あると、もっと面白くなったのかも。

★☆★☆★勝手にケヴィチェック!★☆★☆★
カウンティングの修行中に来ていた水色のVネックセーター、お似合い。
スロットの影からベンたちを見ながら携帯で通報するところ(変身姿が可愛い~)
コメディタッチな動きに思わず笑っちゃいました。
もう一度組んでベガスに戻ろうと話すシーンで「ジ~ニアス」って言いながらベンのおでこを指でツンってするところとか、、、
あと、久々の付けモミアゲ(笑)もツボでした~。
やっとの思いで車の中に乗り込んで、チップがコインチョコに擦り替えられてるのに気付き「アイツら~やってくれたな~」みたいな表情をするところ。
クスリっと笑えるケヴィの見所満載で良かったです~。


長くなりそうなので、そろそろ今日はこの辺で。
また思いついた事あったら書きに来ます。
 

今回の教授役は・・・

 投稿者:jane air do  投稿日:2008年 6月 1日(日)12時37分3秒
返信・引用
  待ちに待った公開日初日。結構の入りでした。(朝1番の時間で20人近く)
冒頭から、スタイリッシュな映像で、
作品的にも「イケテル」(古っ!)「グ~!」なできばえだったと思います。
頭脳明晰な苦学生が、ミッキー・ローサ教授の誘いと倫理観との間で揺れ、
ためらい苦悩する描写もていねいで、最初にカウンティングをするドキドキ感も
伝わってきました。
本にもなっている実話だということですが、
途中から、「起承転結」の「結」をどうまとめるのか、正直、気になりながら
観ていました。
私には想定範囲以外の「へえ、そう来るか。」の結末。

ただ、チームプレイでなし得るいかさま勝負というけれど、
ちょっとその理屈がわかりずらかったです。
ま、カードゲームのブラックジャックを知らなくても
「そうか勝ったんだ。」「カード読んでるぞ。頭いいな。」などと
十分楽しめることは楽しめるけれど。

変装ウェスタンおじさまは、
ロン毛ズラと並んで、私のワーストズラ5に入りました。(泣)
やはり、ケヴィンは たとえ満月でも、素が一番。
今回は、全編 安心して観ていられました!(笑)
ジム・スタージェスが魅力的でした。
親友にすべてを話し、許しを乞う場面では、その抜群なプロポーションにためいき。
一方、バレて逃げる部面では、
あの「ケヴィンちゃん走り」が観られて、思わずにやり。

「F.R.A.T.」を払拭できる作品で、安心しました。
(どうも、身内意識が働いて、いかんな。。。)
 

『ラスベガスをぶっつぶせ』専用掲示板

 投稿者:dusk  投稿日:2008年 6月 1日(日)10時33分3秒
返信・引用
  『ラスベガスをぶっつぶせ』("21")の専用掲示板です。
ネタバレOKですので心置きなく語ってください!


オフィシャル・サイト
http://www.sonypictures.com/movies/21/

日本版サイト
http://www.sonypictures.jp/movies/21/
 

レンタル掲示板
/1