teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:ゴンタくん  投稿日:2011年 4月21日(木)18時39分11秒
返信・引用
  このBBSはチェックしてんのかな?

2011年5月4日にオフ会やるよ。マサにメールしてあげてください。
 
 

wing-2 槻 70cmサイズドル

 投稿者:dreamgarden  投稿日:2010年 5月20日(木)16時40分36秒
返信・引用
   

wing-2 男 70cmサイズドール

 投稿者:dreamgarden  投稿日:2010年 5月20日(木)16時39分4秒
返信・引用
  中国有名なBJD人形メーカー「DOLLZONE」最近新品ドールを開発しました。
名前はwing-2、男子です。女子に変更できます。
お布団、フェイスカバー、お誕生カートとメーカ ーの 箱などを付いております。
人形は組み立て済みです。側線も綺麗に磨き上げております。メイクを追加する場合、まつげとアイは装着済みです。
今『DOLLZONE』お人形(ボディ+ヘッド+アイ)ご注文する場合は一体に付きウイッグ一つサービサービスを差し上げます。
詳しくはこちら見て
http://dreamgardenjp.com/cn/product_View.asp?id=85
 

小泉八雲を読んで…って、八雲は翻訳だから!!

 投稿者:ぼん@メール  投稿日:2007年 9月14日(金)06時32分58秒
返信・引用
  「耳無芳一」ってこうだったっけ!?こんな投稿でいいんじゃん!顔文字入れてもいいかも?顔文字って?

http://f41.aaa.livedoor.jp/~bariabon/index.html

 

Windows付き物のソリティアをネタに…

 投稿者:あっちからのお引越し  投稿日:2007年 1月 4日(木)00時54分18秒
返信・引用
  ソリティアをかたくなにやらない^^
やらないようにしている(あえて…)やり方もあまり分からない(と言い張りたい)諸兄・皆様へのおせっかいです。
 ソリティアはパソコンの雰囲気に慣れる為の一ゲームです。この単純明快ゲームを通して何ができるようになるかと考えますと…
①ダブル・クリック
②ドラッグ&ドロップ
③通常のクリック
④さらにショート・カット・キーの使い方
 などに慣れるゲームと考えてパソコン・ビギナーにお勧めしてご利用ください。と勧めてどうすんですか(笑)ソリティアで上がれない…終えられない方々へのアドバイスをいたします(やはりおせっかい)
①まず、極力トランプの山に手を出さない(クリックして探し回らない)始まったら全体を見ないで即山をクリックしてしまうのは、まず上がらなくなります。現状態で移動できる札はないかをいつも見る…全く無くなるまでじっくり観察しその計算ずく…処理してようやく山を探してみる…これを繰り返すゲームです。この計算の速さが上がりの早さに影響し、計算が速いね処理が早いねを問われる醍醐味のゲームなのです。このことを潔癖に守らないとたちまちゲーム・マスターから『あぁ…コヤツはこのゲームに対してビギナーか若しくはとてつもなく礼儀や学習能力の無い者だ…上がりが無い方向へ進んでやろう!』と言う採点をうけたちまち進む札が全く無くなりゲームの展開ゼロになってしまうわけです(汗)②開拓して新たなトランプの置き場が存在する場合即利用するのではダメで これもまた煮詰まるまで利用せず後々の処理が進む起こし方を計画?して利用しなければなりません。③隠れているトランプ…上の札が動かないことには見れないトランプを常々掘り起こすことを念頭に進行すると良いでしょう…移動可能札を忘れて、山をいじったら…いわゆるミス、ポカと考えて「あ~~今のポカで上がりから1歩遠退いた…。」と思うのがこのゲームの心得という訳です(爆)
 このソリティアの説明の悪さ?から以下のCDRの説明のご理解の糸口にしてください(大爆)
 

VAIO/QR3S/BP向け1

 投稿者:①⇒②(VAIOの銘記のあるもの)  投稿日:2007年 1月 4日(木)00時33分55秒
返信・引用
  到着した4枚のCDを確認してください。
①⇒②⇒PowerDVD⇒Drag'nDropCD この順番で使います。

まず最初にパソコンの環境状態を確認しながら行いますので
少々長丁場に見えますが、方法を憶えてしまうと単純な
操作なのでゆっくり見てください。

■VAIOのスイッチをいれ、CDドライブの取り出しスイッチを押し
CDトレイの排出を行い一枚目の①CDを挿入して、電源スイッチを
長め(30秒以上)に押し強制的に電源OFFにします。

次に完全に停止している状態から、電源を入れキーボードの「ESC」キーを
SONYのロゴが出る前後に3~5回連打します。これで起動順番選択画面に
なればOKですが、ならないVAIOもありますので「ならない」ときの手順は次に
書きます。
起動順番選択画面「Boot Menu」に「なる」場合は、
カーソール(キーボードの上下、左右の矢印キー)で上下させ、
CD-ROM Drive 明るい白表示になるようにして「ENTER」キーを押します。
これでCD-ROMから起動するようになりました。

起動順番選択画面「Boot Menu」に「ならない」場合は、いったん電源スイッチを
長め(30秒以上)に押し強制的に電源OFFにします。
今度は、スイッチを入れたらキーボードの「F2」キーを数回連打します。
マリンブルー、紺、グレーの単調な色彩の「PhoenixBIOS Setup Utility」と
お題目のボックスが表示されます。最初の画面では2行目の表示が、
[ Main ] [ Advanced ] [ Security ] [ Power ] [ Boot ] [ Exit ] とあるなか
[ Main ] にあり、System Time の現在時刻の秒が動いている状態です。
この画面でカーソール(キーボードの上下、左右の矢印キー)を
使って左右に移動させ [ Exit ]へやります。
[ Exit ] へいくと全体の文字数もぐっと減り、中央の表示も以下
 Exit (Save Changes)
 Exit (Discard Changes)
 Get Default Values
Save Changes
Shutdown
の数行だけです。現在、一番上の「Exit (Save Changes)」が明るい白に
表示され、それがこの数行の中で選択されていると言うことになります。
ここで行いたいのは、3行目の「Get Default Values」を選択(明るい白表示)して
キーボードの「Enter」キーを押します。すると中央にその処方を今行いますか?の
質問と [Yes] [No] の選択ができるBOXが現れます。左右カーソールで[Yes] を
選び、再度「Enter」キーを押します。連動して[Yes] [No]BOXは閉じます。
今度は、カーソール左右キーで現在ある [ Exit ] から [ Boot ] に移動します。
この画面の表示で CD-ROM Drive が一行目に表示され明るい白表示になっていれば
この [ Boot ] で行うことは特にありません。
再びカーソール左右キーで移動させ [ Exit ] ⇒[ Exit (Save Changes) ] で「Enter」キーを
押し、「Yes」側で「Enter」キーを押し全てのメニューを閉じて行きます。

これでCDの1枚目①を使う準備ができました。この①がこのような設定が必要なだけで
他の②と残る2枚はさらっといけますのでご安心ください。

今、【 [ Exit ] ⇒[ Exit (Save Changes) ] で「Enter」キーを
押し、「Yes」側で「Enter」キーを押し全てのメニューを閉じて…】の途中でしたが
勝手にパソコンは再起動しています。そして画面の黒い画面に
 「CD Boot…(英語ですが、CDから起動するには即座に何かのキーを押してください。)」
と出ます。このときキーボードでスペースキー(何でも良いですが^^)を押します。
後は、自動でするする行きますが、止まって文字表示しているときは何か選択または
ユーザー名を決めてくださいの時なので、最後まで監視してながめてください。
 最初に迷うところでフォーマットの選択があります。そこでは「NTFSで通常のフォーマット」を
お選びください。その他戸惑う選択は無いと思います。この①のCDが完了しましたら
メールの【リカバリ方法②】へ
完了したかどうかというのは、まさしくこの『完了』の文字が出ます^^。
途中で困ったコトがありましたら携帯メールへご連絡ください。
 

VAIO/QR3S/BP向け2

 投稿者:①⇒②(VAIOの銘記のあるもの)  投稿日:2007年 1月 4日(木)00時32分44秒
返信・引用
  SonyNC_60005300 のインストール】
デスクトップ上の[マイコンピュータ]を右クリックして[システムのプロパティ]を表示してください。
[システムのプロパティ]の[ハードウェア]のタブを選択し、[デバイス マネージャ(D)]ボタンを押してください。[デバイス マネージャ]が表示されます。
[デバイス マネージャ]の[その他のデバイス]内の[不明なデバイス]をダブルクリックしてプロパティを開いてください。[不明なデバイス]が複数存在する場合は、プロパティを開いたとき、[場所]欄が[PCI 標準 ISA ブリッジ]で[リソース]タブのないものを選択してください。
[ドライバの再インストール(I)]ボタンをクリックしてください。[デバイス ドライバのアップグレードウィザード]が表示されます。
[次へ(N)]ボタンを2回押して、[ドライバ ファイルの指定]画面を表示させてください。
[検索場所のオプション]で[場所を指定(S)]にチェックマークをつけ[次へ(N)]ボタンを押してください。
[参照(B)]ボタンを押し、インストールのCD②を選択しDriverフォルダ⇒SonyNC_60005300フォルダを選択して[開く]ボタンで指定し、[OK]ボタンを押してください。ドライバ ファイルの検索が開始されます。
ドライバ ファイルが検索されたら[次へ(N)]ボタンを押してください。ドライバのファイルがコピーされます。コピーが終了したら[完了]ボタンを押してください。
【SonyPI_60507140 ドライバーのインストール】
デスクトップ上の[マイコンピュータ]を右クリックして[システムのプロパティ]を表示してください。
[システムのプロパティ]の[ハードウェア]のタブを選択し、[デバイス マネージャ(D)]ボタンを押してください。[デバイス マネージャ]が表示されます。
[デバイス マネージャ] の [その他のデバイス] 内の [不明なデバイス] をダブルクリックしてプロパティを開いてください。 [不明なデバイス] が複数存在する場合は、プロパティを開いたとき、[場所]欄が[PCI 標準 ISA ブリッジ]で[リソース]タブのあるものを選択してください。
[ドライバの再インストール(I)]ボタンをクリックしてください。[デバイス ドライバのアップグレードウィザード] が表示されます。
[次へ(N)] ボタンを2回押して、[ドライバ ファイルの指定]画面を表示させてください。
[検索場所のオプション]で[場所を指定(S)]にチェックマークをつけ[次へ(N)]ボタンを押してください。
[参照(B)] ボタンを押し、インストールのCD②を選択しDriverフォルダ⇒SonyPI_60507140フォルダを選択して[開く]ボタンで指定し、[OK]ボタンを押してください。ドライバ ファイルの検索が開始されます。
ドライバ ファイルが検索されたら[次へ(N)]ボタンを押してください。ドライバのファイルがコピーされます。コピーが終了したら [完了] ボタンを押してください。
【SnyUtils_21212265のインストール】

インストールのCD②を選択しDriverフォルダ⇒SnyUtils_21212265フォルダを開き、[SETUP]アイコンをダブルクリックして、画面の指示に従いセットアップを実行してください。
セットアップの終了後、再起動すればインストールは完了です。
【Video_5131のインストール】

デスクトップ上の[マイコンピュータ]を右クリックして[システムのプロパティ]を表示してください。
[システムのプロパティ]の[ハードウェア]のタブを選択し、[デバイス マネージャ(D)]ボタンを押してください。[デバイス マネージャ]が表示されます。
[デバイス マネージャ]の[その他のデバイス]または[ディスプレイ アダプタ]内の[ビデオ コントローラ(VGA互換)]をダブルクリックしてください 。[ビデオ コントローラ(VGA互換)]が表示されます。
[全般]タブから[ドライバの再インストール(I)]ボタンをクリックしてください。[デバイス ドライバのアップグレードウィザード]が表示されます。
[次へ(N)]ボタンを2回押して、[ドライバ ファイルの指定]画面を表示させてください。
[検索場所のオプション]で[場所を指定(S)]にチェックマークをつけ[次へ(N)]ボタンを押してください。
[参照(B)]ボタンを押し、インストールのCD②を選択しDriverフォルダ⇒Video_5131フォルダを選択して[開く]ボタンで指定し、[OK]ボタンを押してください。ドライバ ファイルの検索が開始されます。
ドライバ ファイルが検索されたら[次へ(N)]ボタンを押してください。ドライバのファイルがコピーされます。コピーが終了したら[完了]ボタンを押してください。
[システム設定の変更]ウィンドウが表示されます。[はい(Y)]ボタンを押して再起動してください。
【Audio512013013のインストール】


デスクトップ上の[マイコンピュータ]を右クリックして[システムのプロパティ]を表示してください。
[システムのプロパティ]の[ハードウェア]のタブを選択し、[デバイス マネージャ(D)]ボタンを押してください。[デバイス マネージャ]が表示されます。
[デバイス マネージャ]の[その他のデバイス]または[サウンド、ビデオ、およびゲーム コントローラ]内の[マルチメディア オーディオ コントローラ]をダブルクリックしてください 。[マルチメディア オーディオ コントローラ]が表示されます。
[全般]タブから[ドライバの再インストール(I)]ボタンをクリックしてください。[デバイス ドライバのアップグレードウィザード]が表示されます。
[次へ(N)]ボタンを2回押して、[ドライバ ファイルの指定]画面を表示させてください。
[検索場所のオプション]で[場所を指定(S)]にチェックマークをつけ[次へ(N)]ボタンを押してください。
[参照(B)]ボタンを押し、インストールのCD②を選択しDriverフォルダ⇒Audio512013013フォルダ内の[Sound MAX WDM Driver]フォルダ内の、[W2K]フォルダを選択して[開く]ボタンで指定し、[OK]ボタンを押してください。ドライバ ファイルの検索が開始されます。
ドライバ ファイルが検索されたら[次へ(N)]ボタンを押してください。ドライバのファイルがコピーされます。コピーが終了したら[完了]ボタンを押してください。
インストールの事前準備で用意したフォルダを開き、[SETUP]アイコンをダブルクリックして、画面の指示に従いセットアップを実行してください。
【modem_21418010321のインストール】

デスクトップ上の [マイコンピュータ]を右クリックして[システムのプロパティ]を表示してください。
[システムのプロパティ]の[ハードウェア]のタブを選択し、[デバイス マネージャ(D)]ボタンを押してください。[デバイス マネージャ]が表示されます。
[デバイス マネージャ]の[その他のデバイス]内のふたつある[PCI Device]のうちひとつをダブルクリックしてプロパティを開き、リソースタブを開いて、[リソースの種類]の[I/O 範囲]を確認してください。[I/O 範囲]が二種類表示されていたら、次の手順に進んでください。[I/O 範囲]が一種類しか表示されてない場合は、もう一方の[PCI Device]のプロパティを開きなおしてください。
[全般]タブから[ドライバの再インストール(I)]ボタンをクリックしてください。[デバイス ドライバのアップグレードウィザード]が表示されます。
[次へ(N)]ボタンを2回押して、[ドライバ ファイルの指定]画面を表示させてください。
[検索場所のオプション]で[場所を指定(S)]にチェックマークをつけ[次へ(N)]ボタンを押してください。
[参照(B)]ボタンを押し、インストールのCD②を選択しDriverフォルダ⇒modem_21418010321フォルダを選択して[開く]ボタンで指定し、[OK]ボタンを押してください。ドライバ ファイルの検索が開始されます。
ドライバ ファイルが検索されたら[次へ(N)]ボタンを押してください。ドライバのファイルがコピーされます。コピーが終了したら[完了]ボタンを押してください。
【TouchPad_50104のインストール】

デスクトップ上の[マイコンピュータ]を右クリックして[システムのプロパティ]を表示してください。
[システムのプロパティ]の[ハードウェア]のタブを選択し、[デバイス マネージャ(D)]ボタンを押してください。[デバイス マネージャ]が表示されます。
[デバイス マネージャ]の[マウスとそのほかのポインティング デバイス]内の[PS/2互換マウス]をダブルクリックしてください。[PS/2互換マウスのプロパティ]が表示されます。
[ドライバ]タブから[ドライバの更新(P)]ボタンをクリックしてください。[デバイス ドライバのアップグレードウィザード]が表示されます。
[次へ(N)]ボタンを2回押して、[ドライバ ファイルの指定]画面を表示させてください。
[検索場所のオプション]で[場所を指定(S)]にチェックマークをつけ[次へ(N)]ボタンを押してください。
[参照(B)] ボタンを押し、インストールのCD②を選択しDriverフォルダ⇒TouchPad_50104フォルダを選択して[開く]ボタンで指定し、[OK]ボタンを押してください。ドライバ ファイルの検索が開始されます。検索には多少時間がかかります。
ドライバ ファイルの検索が終了したら[別のドライバを1つインストールする(I)]にチェックマークをつけ、[次へ(N)]ボタンを押してください。ドライバの選択画面が表示されます。
[Synaptics PS/2 Port ToucgPad]を選択し[次へ(N)]ボタンを押してください。
ドライバのファイルがコピーされます。コピーが終了したら[完了]ボタンを押してください。
[システム設定の変更]ウィンドウが表示されます。[はい(Y)]ボタンを押して再起動してください。
【EtherDrv_54011のインストール】

デスクトップ上の[マイコンピュータ]を右クリックして[システムのプロパティ]を表示してください。
[システムのプロパティ]の[ハードウェア]のタブを選択し、[デバイス マネージャ(D)]ボタンを押してください。[デバイス マネージャ]が表示されます。
[デバイス マネージャ]の[その他のデバイス]または[ネットワークアダプタ]内の[イーサネット コントローラ]をダブルクリックしてください 。[イーサネット コントローラのプロパティ]が表示されます。
[全般]タブから[ドライバの再インストール(I)]ボタンをクリックしてください。[デバイス ドライバのアップグレードウィザード]が表示されます。
[次へ(N)]ボタンを2回押して、[ドライバ ファイルの指定]画面を表示させてください。
[検索場所のオプション]で[場所を指定(S)]にチェックマークをつけ[次へ(N)]ボタンを押してください。
[参照(B)]ボタンを押し、インストールのCD②を選択しDriverフォルダ⇒EtherDrv_54011.exeフォルダを選択して[開く]ボタンで指定し、[OK]ボタンを押してください。ドライバ ファイルの検索が開始されます。
ドライバ ファイルが検索されたら[次へ(N)]ボタンを押してください。ドライバのファイルがコピーされます。コピーが終了したら[完了]ボタンを押してください。
【SmbusDRV_230170のインストール】

デスクトップ上の [マイコンピュータ]を右クリックして[システムのプロパティ]を表示してください。
[システムのプロパティ]の[ハードウェア]のタブを選択し、[デバイス マネージャ(D)]ボタンを押してください。[デバイス マネージャ]が表示されます。
[デバイス マネージャ]の[その他のデバイス]内のふたつある[PCI Device]のうちひとつをダブルクリックしてプロパティを開き、リソースタブを開いて、[リソースの種類]の[I/O 範囲]を確認してください。[I/O 範囲]が一種類だけ表示されていたら、次の手順に進んでください。[I/O 範囲]が二種類表示されている場合は、もう一方の[PCI Device]のプロパティを開きなおしてください。
[全般]タブから[ドライバの再インストール(I)]ボタンをクリックしてください。[デバイス ドライバのアップグレードウィザード]が表示されます。
[次へ(N)]ボタンを2回押して、[ドライバ ファイルの指定]画面を表示させてください。
[検索場所のオプション]で[場所を指定(S)]にチェックマークをつけ[次へ(N)]ボタンを押してください。
[参照(B)]ボタンを押し、インストールのCD②を選択しDriverフォルダ⇒SmbusDRV_230170フォルダを選択して[開く]ボタンで指定し、[OK]ボタンを押してください。ドライバ ファイルの検索が開始されます。
ドライバ ファイルが検索されたら[次へ(N)]ボタンを押してください。ドライバのファイルがコピーされます。コピーが終了したら[完了]ボタンを押してください。
 

VAIO/QR3S/BP向け

 投稿者:①⇒②(VAIOの銘記のあるもの)  投稿日:2007年 1月 4日(木)00時31分22秒
返信・引用
  ■ SonySLib_2060003080N2は必ず他のユーティリティよりも先にインストールしてください。


【SonySLib_2060003080N2のインストール】
CD②のDriverフォルダのSonySLib_2060003080N2フォルダを開き、[SETUP]アイコンをダブルクリックして、画面の指示に従いセットアップを実行してください。
セットアップの終了後、再起動すればインストールは完了です。
【SNS_200701220 のインストール】

CD②のDriverフォルダのSNS_200701220フォルダを開き、[SETUP]アイコンをダブルクリックして、画面の指示に従いセットアップを実行してください。
セットアップの終了後、再起動すればインストールは完了です。
【SNS_Sound_061499のインストール】

CD②のDriverフォルダのSNS_Sound_061499フォルダを開き、[SETUP]アイコンをダブルクリックして、画面の指示に従いセットアップを実行してください。
セットアップの終了後、再起動すればインストールは完了です。
【PowerPanel_401S010K のインストール】

CD②のDriverフォルダのPowerPanel_401S010Kフォルダを開き、[SETUP]アイコンをダブルクリックして、画面の指示に従いセットアップを実行してください。
セットアップの終了後、再起動すればインストールは完了です。
【JogDial_621のインストール】

CD②のDriverフォルダのJogDial_621フォルダを開き、[SETUP]アイコンをダブルクリックして、画面の指示に従いセットアップを実行してください。
セットアップの終了後、再起動すればインストールは完了です。
【HotKeyUtil_200110261のインストール】

CD②のDriverフォルダのHotKeyUtil_200110261フォルダを開き、[SETUP]アイコンをダブルクリックして、画面の指示に従いセットアップを実行してください。
セットアップの終了後、再起動すればインストールは完了です。
 

[Windows2000Professional]CDを①として

 投稿者:①⇒②(VAIOの銘記のあるもの)  投稿日:2007年 1月 4日(木)00時15分49秒
返信・引用
  1. Windows 2000 のインストール
CD-ROM ブートで Windows 2000 のインストールCDから起動しましょう。
起動できない場合に調べるのは、BIOS の起動デバイスの順序。
SCSI の CD-ROM の場合は、
BIOS + SCSI カード + CD-ROM の 3 つが対応する必要があります。
# CD-ROM ブートできない場合は起動ディスクから起動して、
# SMARTDRV.EXE を実行してから、\I386\WINNT.EXE を実行するか、
# Windows 2000 インストール用起動ディスクを使いましょう。

起動したら、2 を参考にインストールを続けてください。
# 古い PC の場合は CD 起動した直後から F5 キーを連打すれば、
# HAL の変更ができますので、BIOS が ACPI に対応していれば
# ACPI を選ぶようにしてください。

2. パーティションのきり方
一つの FAT32 を残してすべてのパーティションを NTFS にする!
が基本です。
トラブル時などのために、DOS からアクセスできるパーティションを
必ず準備するようにすると、多くの復旧手段が使いやすくなり、迅速な復旧が望めます。
そのため、システムパーティション、
データパーティション(好みです)、FAT32 パーティションの
3 種類のパーティションを準備することにしましょう。
わかりにくいので、モデルケースを 3 例ほど。

6GB の HDD だけを使ってインストールする場合、
C: 5GB (NTFS) システム
D: 1GB (FAT32)
※システムパーティションは 5GB ぐらいは欲しいです。

20GB の HDD だけを使ってインストールする場合、
C: 8GB (NTFS) システム
D: 9GB (NTFS) データ
E: 3GB (FAT32)
※これがもっとも一般的なケース。

20GB の HDD☆ と、6GB の HDD★ がある場合
C: 8GB(NTFS) システム☆
D: 9GB(NTFS) データ1☆
E: 6GB(NTFS) データ2★
F: 3GB(FAT32)☆
※ 2 台の HDD があるなら、システムパーティションを新しい HDD にいれ、
※データパーティションをシステムパーティションの無い HDD に作ります。

まぁ、「こういう用途にしましょう」と考えつつ、
モデルケースを参考にパーティションを区切ればそれでオッケーです。
汎用性も考えてモデルケースはこんな感じにしときましょう。
3. ハードウェア環境設定
OS 自体のインストール作業が完了したら、ハードウェアの設定です。
M/B (必要なら)、グラフィックカード(重要)、サウンドカード(ある人は)など、
拡張カード類(SCSI , NIC など)のドライバをインストールしてください。
ちなみに、メーカのドライバだとわかっているドライバなら、
# そうじゃないものを入れるほうが難しいですけど・・・
システムのプロパティで、ドライバの署名を無視にしておくと楽です。
なお、この作業を含めて、
ここから先の作業は常に Administrator で作業を行ってください。
# Administrators は、複数形の「s」が着いていますしつまり大勢のゲスト用ですね。

ちなみに、ドライバのできによってはメーカの最新ドライバよりも、
Microsoft のものの方が良かったりします。
お使いのハードウェアの情報を Web で検索してみることをお忘れなく。
 

SR9K用

 投稿者:VAIO リカバリCDの使い方  投稿日:2007年 1月 4日(木)00時08分42秒
返信・引用
  パソコンのCDトレイにCD⇒「Vaio…」を挿入し、マイコンピュータのCDドライブを開きます。フォルダが何個かありますが、まずSR9/K(解凍)フォルダを開きます。
■以下のドライバは必ずインストールする必要があります。

Sony Notebook Control
プログラマブル I/O ドライバ
まず最初に次の3つをインストールします。その後続けて各ドライバを宛がっていきます。
【①Sony Notebook Control のインストール】
デスクトップ上の[マイコンピュータ]を右クリックして[システムのプロパティ]を表示してください。
[システムのプロパティ]の[ハードウェア]のタブを選択し、[デバイス マネージャ(D)]ボタンを押してください。[デバイス マネージャ]が表示されます。
[デバイス マネージャ]の[その他のデバイス]内の[不明なデバイス]をダブルクリックしてプロパティを開いてください。[不明なデバイス]が複数存在する場合は、プロパティを開いたとき、[場所]欄が[Intel 82371 AB/EB PCI to ISA bridge]で[リソース]タブのないものを選択してください。
[ドライバの再インストール(I)]ボタンをクリックしてください。[デバイスドライバのアップグレードウィザード]が表示されます。
[次へ(N)]ボタンを2回押して、[ドライバ ファイルの指定]画面を表示させてください。
[検索場所のオプション]で[場所を指定(S)]にチェックマークをつけ[次へ(N)]ボタンを押してください。
[参照(B)]ボタンを押し、インストールの用意したCD⇒SR9K解凍⇒フォルダ『SonyNC』を選択して[開く]ボタンで指定し、[OK]ボタンを押してください。ドライバ ファイルの検索が開始されます。
ドライバ ファイルが検索されたら[次へ(N)]ボタンを押してください。ドライバのファイルがコピーされます。コピーが終了したら[完了]ボタンを押してください。

【②プログラマブル I/O ドライバのインストール】
デスクトップ上の[マイコンピュータ]を右クリックして[システムのプロパティ]を表示してください。
[システムのプロパティ]の[ハードウェア]のタブを選択し、[デバイス マネージャ(D)]ボタンを押してください。[デバイス マネージャ]が表示されます。
[デバイス マネージャ] の [その他のデバイス] 内の [不明なデバイス] をダブルクリックしてプロパティを開いてください。 [不明なデバイス] が複数存在する場合は、プロパティを開いたとき、[場所]欄が[Intel 82371 AB/EB PCI to ISA bridge]で[リソース]タブのあるものを選択してください。
[ドライバの再インストール(I)]ボタンをクリックしてください。[デバイスドライバのアップグレードウィザード] が表示されます。
[次へ(N)] ボタンを2回押して、[ドライバ ファイルの指定]画面を表示させてください。
[検索場所のオプション]で[場所を指定(S)]にチェックマークをつけ[次へ(N)]ボタンを押してください。
[参照(B)] ボタンを押し、用意したCD⇒SR9K解凍⇒フォルダ『SonyPI』フォルダを選択して[開く]ボタンで指定し、[OK]ボタンを押してください。ドライバ ファイルの検索が開始されます。
ドライバ ファイルが検索されたら[次へ(N)]ボタンを押してください。ドライバのファイルがコピーされます。コピーが終了したら [完了] ボタンを押してください。

【③SonyUtilities のインストール】
用意したCD⇒SR9K解凍⇒フォルダ『SonyUtils_21222065』を開き、[SETUP]アイコンをダブルクリックして、画面の指示に従いセットアップを実行してください。
セットアップの終了後、再起動すればインストールは完了です。

【ディスプレイドライバのインストール】
デスクトップ上の[マイコンピュータ]を右クリックして[システムのプロパティ]を表示してください。
[システムのプロパティ]の[ハードウェア]のタブを選択し、[デバイス マネージャ(D)]ボタンを押してください。[デバイス マネージャ]が表示されます。
[デバイス マネージャ]の[その他のデバイス]内の[ビデオコントローラ(VGA 互換)]をダブルクリックしてください 。[ビデオコントローラ(VGA 互換)のプロパティ]が表示されます。
[ドライバ]タブから[ドライバの更新(P)]ボタンをクリックしてください。[デバイス ドライバのアップグレードウィザード]が表示されます。
[次へ(N)]ボタンを2回押して、[ドライバ ファイルの指定]画面を表示させてください。
[検索場所のオプション]で[場所を指定(S)]にチェックマークをつけ[次へ(N)]ボタンを押してください。
[参照(B)]ボタンを押し、用意したCD⇒SR9K解凍⇒フォルダ『VideoS3』を選択して[開く]ボタンで指定し、[OK]ボタンを押してください。ドライバ ファイルの検索が開始されます。
ドライバ ファイルが検索されたら[次へ(N)]ボタンを押してください。ドライバのファイルがコピーされます。コピーが終了したら[完了]ボタンを押してください。

【ヤマハオーディオドライバのインストール】
デスクトップ上の[マイコンピュータ]を右クリックして[システムのプロパティ]を表示してください。
[システムのプロパティ]の[ハードウェア]のタブを選択し、[デバイス マネージャ(D)]ボタンを押してください。[デバイス マネージャ] が表示されます。
[デバイス マネージャ]の[その他のデバイス]内の[マルチメディア オーディオコントローラ]、または[サウンド、ビデオ、およびゲームのコントローラ]内の[YAMAHA Native DS1 WDM Driver]をダブルクリックしてください。
[デバイス マネージャ]の[その他のデバイス]内の[マルチメディア オーディオコントローラ]、または[サウンド、ビデオ、およびゲームのコントローラ]内の[YAMAHA ative DS1 WDM Driver]ダブルクリックしてください 。[マルチメディア オーディオコントローラ]が表示されます。
[ドライバ]タブから[ドライバの更新(P)]ボタンをクリックしてください。[デバイス ドライバのアップグレードウィザード]が表示されます。
[次へ(N)]ボタンを2回押して、[ドライバ ファイルの指定]画面を表示させてください。
[検索場所のオプション]で[場所を指定(S)]にチェックマークをつけ[次へ(N)]ボタンを押してください。
[参照(B)]ボタンを押し、用意したCD⇒SR9K解凍⇒フォルダ『YMF』を選択して[開く]ボタンで指定し、[OK]ボタンを押してください。ドライバファイルの検索が開始されます。
ドライバ ファイルが検索されたら[次へ(N)]ボタンを押してください。ドライバのファイルがコピーされます。コピーが終了したら [完了] ボタンを押してください。

【モデムドライバのインストール】
デスクトップ上の [マイコンピュータ]を右クリックして[システムのプロパティ]を表示してください。
[システムのプロパティ]の[ハードウェア]のタブを選択し、[デバイス マネージャ(D)]ボタンを押してください。[デバイス マネージャ]が表示されます。
[デバイス マネージャ]の[その他のデバイス]または[モデム]内の[PCI シンプル通信コントローラ]をダブルクリックしてください 。[PCI シンプル通信コントローラのプロパティ]が表示されます。
[ドライバ]タブから[ドライバの更新(P)]ボタンをクリックしてください。[デバイス ドライバのアップグレードウィザード]が表示されます。
[次へ(N)]ボタンを2回押して、[ドライバ ファイルの指定]画面を表示させてください。
[検索場所のオプション]で[場所を指定(S)]にチェックマークをつけ[次へ(N)]ボタンを押してください。
[参照(B)]ボタンを押し、用意したCD⇒SR9K解凍⇒フォルダ『Modem』を選択して[開く]ボタンで指定し、[OK]ボタンを押してください。ドライバ ファイルの検索が開始されます。
[次へ(N)]ボタンを押してください。このとき [デジタル署名が見つかりませんでした]ウインドウが表示される場合がありますが、[はい(Y)]ボタンを押してインストールを続行してください。
ドライバのファイルがコピーされます。コピーが終了したら[完了]ボタンを押してください。

【タッチパッドドライバのインストール】
デスクトップ上の[マイコンピュータ]を右クリックして[システムのプロパティ]を表示してください。
[システムのプロパティ]の[ハードウェア]のタブを選択し、[デバイス マネージャ(D)]ボタンを押してください。[デバイス マネージャ]が表示されます。
[デバイス マネージャ]の[マウスとそのほかのポインティング デバイス]内の[PS/2互換マウス]をダブルクリックしてください。[PS/2互換マウスのプロパティ]が表示されます。
[ドライバ]タブから[ドライバの更新(P)]ボタンをクリックしてください。[デバイス ドライバのアップグレードウィザード]が表示されます。
[次へ(N)]ボタンを2回押して、[ドライバ ファイルの指定]画面を表示させてください。
[検索場所のオプション]で[場所を指定(S)]にチェックマークをつけ[次へ(N)]ボタンを押してください。
[参照(B)] ボタンを押し、用意したCD⇒SR9K解凍⇒フォルダ『TouchPad』を選択して[開く]ボタンで指定し、[OK]ボタンを押してください。ドライバ ファイルの検索が開始されます。検索には多少時間がかかります。
ドライバ ファイルの検索が終了したら[別のドライバを1つインストールする(I)]にチェックマークをつけ、[次へ(N)]ボタンを押してください。ドライバの選択画面が表示されます。
[Alps Pointing-device]を選択し[次へ(N)]ボタンを押してください。
[デジタル署名が見つかりませんでした]ウインドウが表示される場合がありますが、[はい(Y)]ボタンを押してインストールを続行してください。
ドライバのファイルがコピーされます。コピーが終了したら[完了]ボタンを押してください。

【メモリースティックドライバのインストール】
デスクトップ上の[マイコンピュータ]を右クリックして[システムのプロパティ]を表示してください。
[システムのプロパティ]の[ハードウェア]のタブを選択し、[デバイス マネージャ(D)]ボタンを押してください。[デバイス マネージャ]が表示されます。
[デバイス マネージャ]の[その他のデバイス]内の[PCI FLASH メモリ]をダブルクリックしてください。[PCI FLASH メモリのプロパティ]が表示されます。
[ドライバ]タブから[ドライバの更新(P)]ボタンをクリックしてください。[デバイス ドライバのアップグレードウィザード]が表示されます。
[次へ(N)]ボタンを2回押して、[ドライバ ファイルの指定]画面を表示させてください。
[検索場所のオプション]で[場所を指定(S)]にチェックマークをつけ[次へ(N)]ボタンを押してください。
[参照(B)]ボタンを押し、用意したCD⇒SR9K解凍⇒フォルダ『USB_MS』を選択して[開く]ボタンで指定し、[OK]ボタンを押してください。ドライバ ファイルの検索が開始されます。
ドライバ ファイルが検索されたら[次へ(N)]ボタンを押してください。ドライバのファイルがコピーされます。コピーが終了したら[完了]ボタンを押してください。

【CD-ROM ドライバのインストール】
「バイオ」純正関連商品の CD-ROM ドライブ PCGA-CD5 をお使いの場合はこちらのページ、PCGA-CD51 をお使いの場合はこちらのページを参照して、ドライバをインストールしてください。
【CD-R ドライバのインストール】
「バイオ」純正関連商品の CD-R ドライブ PCGA-CDR51 をお使いの場合はこちらのページを参照して、ドライバをインストールしてください。

【CD-RW ドライバのインストール】
「バイオ」純正関連商品の CD-RW ドライブ PCGA-CDRW51 をお使いの場合はこちらのページ、PCGA-CDRW51/A をお使いの場合はこちらのページ、PCGA-CDRW52 をお使いの場合はこちらのページを参照して、ドライバをインストールしてください。




SONYユーティリティのインストール手順

Sony Shared Libralyは必ず他のユーティリティよりも先にインストールしてください。

【Sony Shared Library のインストール】
用意したCD⇒SR9K解凍⇒フォルダ『SonySlib_21221300』フォルダを開き、[SETUP]アイコンをダブルクリックして、画面の指示に従いセットアップを実行してください。
セットアップの終了後、再起動すればインストールは完了です。

【Sony Notebook Setup のインストール】
用意したCD⇒SR9K解凍⇒フォルダ『SNS2006110』を開き、[SETUP]アイコンをダブルクリックして、画面の指示に従いセットアップを実行してください。
セットアップの終了後、再起動すればインストールは完了です。

【Sony Notebook Setup サウンドサンプルのインストール】
用意したCD⇒SR9K解凍⇒フォルダ『SNSsound』を開き、[SETUP]アイコンをダブルクリックして、画面の指示に従いセットアップを実行してください。
セットアップの終了後、再起動すればインストールは完了です。

【PowerPanel のインストール】
用意したCD⇒SR9K解凍⇒フォルダ『PowerPanel』を開き、[SETUP]アイコンをダブルクリックして、画面の指示に従いセットアップを実行してください。
セットアップの終了後、再起動すればインストールは完了です。

【ジョグダイヤルユーティリティのインストール】
用意したCD⇒SR9K解凍⇒フォルダ『JDU』を開き、[SETUP]アイコンをダブルクリックして、画面の指示に従いセットアップを実行してください。
セットアップの終了後、再起動すればインストールは完了です。

【ホットキーユーティリティのインストール】
用意したCD⇒SR9K解凍⇒フォルダ『HotkeyUtility』を開き、[SETUP]アイコンをダブルクリックして、画面の指示に従いセットアップを実行してください。
セットアップの終了後、再起動すればインストールは完了です。
 

レンタル掲示板
/4